福岡県警「厚地貴史」巡査部長がコンビニの女子トイレを詰まらせた驚くべき理由が判明。異常すぎる性癖

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 

先日記事にした福岡県警の47歳の巡査部長がコンビニの女子トイレを詰まらせ逮捕された事件。

 

トイレを詰まらせていた理由が分かりました。

 

この巡査部長、とんでもない性癖の持ち主でした。

女子トイレ侵入の福岡県警の巡査部長を減給処分に

 

コンビニの女子トイレに侵入した疑いで逮捕された福岡県警東署生活安全課防犯係の巡査部長、厚地(あつち)貴史容疑者(47)を福岡県警は減給処分にしました。

 

厚地容疑者は依願退職しました。

 

2019年9月に女子トイレを詰まらせ逮捕

 

厚地容疑者は2019年9月、福岡市中央区平尾でコンビニの女子トイレに侵入した疑いで逮捕され、その後、起訴猶予処分となっていました。

 

21日、県警監察官室は、厚地巡査部長を減給10分の1、3カ月の懲戒処分とし、厚地巡査部長は依願退職。

 

警察の処分は依願退職を前提にしているので、いつも軽めです。

 

コンビニのトイレを詰まらせた理由

 

このコンビニでは7月から女子トイレが詰まる被害が相次いでいて、厚地巡査部長は「女性が用を足した後のにおいを嗅ぐために詰まらせていた」と話しているということです。

 

最初はコンビニに対する嫌がらせかと思っていましたが、こんな理由だったとは・・・。

 

人それぞれいろいろな趣味がありますが、人様に迷惑を欠けてはいけません。

 

ましてや警官であればなおさらです。

 

警察官をやめた後も、この変な性癖でどこかのトイレを詰まらせなければいいのですが。

 

福岡県警巡査部長・厚地貴史。コンビニ女子トイレを詰まらせる。目的は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です