自衛官・永桶敬明がタクシー強盗。代金払わず運転手に暴力。札幌

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

33歳の自衛官の男が逮捕される

 

12日未明、札幌市南区で、タクシー代を支払わず運転手を押し倒すなど暴行を加えたとして、33歳の自衛官の男が逮捕されました。

参照

参照:UHBニュース

 

強盗の疑いで逮捕されたのは、陸上自衛隊札幌駐屯地の3等陸曹・永桶敬明容疑者33歳。


永桶容疑者は12日午前1時前、札幌市南区南35条西10丁目で代金を支払わずにタクシーから降りて、追いかけてきた43歳の運転手を押し倒すなどした疑いが持たれています。

 

永桶容疑者は容疑を否認

 

運転手は頭を強く打ち病院に運ばれましたが、けがはないとみられています。


永桶容疑者は、運転手からの通報を受け駆けつけた警察にその場で逮捕されました。


警察によりますと、永桶容疑者は当時かなりの量の酒を飲んでいたことが判明。


調べに対し永桶容疑者は「運転手を殴る理由がない」と容疑を否認しています。

 

殴る理由がない運転手を殴る?

 

今回のケースの場合、永桶容疑者が「殴る理由がない」といっても酔っ払って代金を踏み倒そうとしたと思われます。

 

殴る理由のない運転手を酔っ払って殴った永桶容疑者。

 

おそらく、逮捕された場所からいって真駒内駐屯地に勤務していると推測されます。

 

これから、自衛隊が何らかの処分をするものと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です