茨城西南医療センター病院の医師「大久保智貴」女性に抱きつき下着を奪う。具体的手口と顔画像が判明

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

前回記事にした、大久保智貴医師の具体的な手口と顔画像が公開になりました。

 

勤務していた病院も判明しています。

大久保医師の具体的手口と顔画像

 

前回記事にした女性にわいせつ行為を行った医師の手口と顔画像が判明しました。

 

強制わいせつ致傷と強盗の疑いで逮捕されたのは、茨城県境町の医師・大久保智貴容疑者(29)です。

 

参照:TBSニュース

 

大久保容疑者は今年7月、埼玉県久喜市で駐車場から車を出そうとしていた20代の女性に対して、「手伝いましょうか」などと声をかけ、抱きついて体を触り、下着を脱がせて奪いました。

 

防犯カメラの映像から特定

 

被害にあった女性は、膝をすりむく全治1週間の軽傷を負いました。

 

警察の調べに対して、大久保容疑者は、「魅力的な女性を見つけてやってしまった」と容疑を認めています。

 

防犯カメラの映像などから大久保容疑者が浮上したということです。

 

勤務している病院が判明

 

この大久保容疑者は、前回の記事の通り2年前にもわいせつ行為で逮捕されています。

 

そして、その時は研修医でしたが逮捕時は『茨城西南医療センター病院』に眼科の医師として勤務していました。

 

茨城西南医療センター病院 : 茨城県猿島郡境町2190

 

前歴を知って雇ったのかどうかは不明ですが、HPから大久保容疑者の名前を消す速さは迅速でした。

 

犯行の手口といい、前歴といい今回は実刑になる可能性が高いと思われます。

 

茨城県の医師「大久保智貴」帰宅途中の女性に抱きつきわいせつ行為。2年前にもあった逮捕歴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です