警察のシステムから個人情報を盗み警察官がストーカー。鍵穴に接着剤

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。


警察官がストーカー


高知県内の警察署に勤務していた30代の男性巡査長が、警察内部のシステムを不正に用いて20代女性の住所を調べ、女性宅への嫌がらせやストーカー行為をしていたことが判明しました。


県警は2月15日付で巡査長を器物損壊容疑で高知地検に書類送検し、減給6カ月の懲戒処分にし巡査長は容疑を認め、同日に依願退職しました。


警察が得意の軽い懲戒処分からの・・・・依願退職のパターンですね。


スポンサーリンク

巡査長が相手女性の窓ガラスを割る


送検容疑は、昨年8月11日と同19日のいずれも午前2時ごろ、女性の住む集合住宅の窓ガラスに石を投げて割ったほか、同年12月29日午前3時ごろ、女性宅の玄関ドアの鍵穴とのぞき穴に接着剤を流し入れて壊したとしています。


完全に悪質なストーカー犯罪です。


巡査長は2015年12月に、高知市内の飲食店で勤務していた女性と知り合い、好意を抱いたということです。


その後、聞き出した家族の車の情報などを警察内部のシステムで不正に照会し、住所を調査。


女性宅への嫌がらせのほか、「LINE」で繰り返しメッセージを送るなどし、県警はストーカー規制法に基づき警告を出していました。


県警はこの巡査長の情報を公表しなかった理由について


「システムの使用は勤務中の行為だが、私的に調べたことで公務ではない」としていますが、理由が明らかに変です。


警察官が警察のシステムを悪用して、私的にストーカーをするために個人情報を盗んだことの方がどちらかというとストーカーよりも罪としては重いはずです。


身内をかばいすぎて、理由が変なことになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です