【強制性行】警察職員が中1女子生徒にわいせつ行為‼︎顔写真を公開

警察署職員が中一とわいせつな行為で逮捕

 

群馬県警は6日、中学1年の女子生徒(12)に対する強制性交の疑いで、関東管区警察局茨城県情報通信部機動通信課の警察庁職員、小松崎幹夫容疑者(44)を逮捕しました。

 

参照:NNNニュース

 

逆光のため、シルエットしか分かりません。

 

追記:FNNでしっかり顔を撮っていました。

 

参照:FNNニュース

 

44歳と12歳といえば、親子です。

 

県警によると、小松崎容疑者は「性的欲求を満たすため」と容疑を認めています。

 

女子生徒とは5月頃に交流サイト(SNS)を通じて知り合ったといい、年齢についても「12歳と聞いていたと思う」と話しているということです。

 

逮捕容疑は、6月3日午後、群馬県伊勢崎市のホテルで、13歳未満であることを知りながら、同県に住む女子生徒と性行為をした疑いです。

 

県警によると、女子生徒と家族が警察に相談に来て発覚しました。

 

おそらく女子生徒が自ら警察に相談にきたということは、金銭のやりとり等もなかった可能性があります。

 

また、相手が13歳未満であるため、脅迫・暴行がなく、または双方の同意があったとしても『強制性交等罪』が成立します。

 

これは「性犯罪」の中でも最も重い罪です。

 

『刑法177条』

 

13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という。)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする

 

13歳未満と知りながら、わいせつな行為をしていますから有期刑はまぬがれません。

 

警察関係者が、刑務所に入るといじめが酷いと聞きます。

 

刑務所の中で、自分のしでかした罪をじっくり反省してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です