『辰巳琢郎』自身のFBで不出馬理由を説明‼︎その気になる理由とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

辰巳琢郎が不出馬の理由をFBで説明


大阪府知事選への出馬を見送った俳優の辰巳琢郎氏が11日、都内の自宅から姿を見せ、不出馬の理由を「フェイスブックに書きましたので…」とだけ語り、車に乗りこみ、外出したと報じられています。


辰巳氏がこの日更新したフェイスブックには、今回不出馬とした理由が綴られています。



昨日の深夜、大阪府知事選への出馬を正式にお断りしました。


「光栄なことだと思ってます」と、毎日新聞の取材に答えてしまったことが、騒ぎを大きくした原因だと反省しています。申し訳ありません。自民党サイドにも、過度な期待を持たせてしまいました。ただ、オファーがあれば誠意を持ってお話を伺うのが、これまで通りの僕のポリシー。正面から向き合いました。そして数日間悩み、友人知人に相談し、家族とも話し合って出した結論です。


インタビューでもお伝えしましたように、大阪愛は人一倍持っているつもりです。大阪都構想にも、当初から関心を寄せてきました。きちんと勉強しているんですよ。ですから、今回のW選そのものへの批判はあれ、大きな意味では支持しています。大阪を再び分断しての真っ向対決というのには、当初から違和感を覚えていました。維新の友人へも「何とかならへんの」と直接話したくらいです。


昨年、還暦を迎えました。論語では耳順です。周囲の意見をよく聞いて従うのでなく、天の声に従えということだと理解しています。自然体という言葉も大好きです。そういう文脈で、出馬するのは自然なことではないとの天の声が聞こえた、と捉えていただいくのも良いかもしれません。


自分にしか出来ないことを探し続けてきました。やるべきことが沢山あります。ますは、昨年就任した『日本のワインを愛する会』の会長としての役割。そして、自分で企画したライフワークとも言える二つのテレビ番組、『辰巳琢郎の葡萄酒浪漫』『辰巳琢郎の家物語』を続けること。直近では、4月に娘とツアーするディナー&コンサート。舞台も控えていますし、映画の企画もあります。スポンサー各社への責任もきちんと果たさなければなりません。政治は、政治に向いた方がやるべきだと改めて思います。


今日も、これから埼玉ロケです。まだ、家の周囲には報道関係の皆様が残っていらっしゃいます。仕事とはいえ雨の中、本当に大変ですね。でも今のところ、これ以上お話し出来ることはありません。お騒がせしてしまったこと、重ねてお詫び申し上げます。


辰巳琢郎拝

辰巳琢郎フェイスブックから引用


ということで、やはり「俳優」というライフワークを選んだようです。


また、少しリップサービスが過ぎたことを反省しています。


京大出身のインテリで、爽やかイメージ。


大阪愛に溢れた辰巳氏。


自民党も、候補者に欲しくなるのは当たり前といえば当たり前です。


辰巳氏は、芸能活動も忙しく、娘さんともツアーをするようです。


「政治は政治家に向いた人がやるべき」というのが清々しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です