道央の44歳の特別支援学校の教諭。教え子と交際のうえ自宅に連れ込み、みだらな行為

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

北海道の高校教諭が当時17歳の高校生とのみだらな関係で逮捕されたばかりですが、今度は44歳の特別支援学校の教諭です。

 

この44歳の教諭は、教え子と交際していました。

 

いまの学校の教師はモラルがなさすぎです。

道央の特別支援学校の教諭が生徒を自宅に連れ込む

 

道央の特別支援学校に勤める40代の男性教諭が教え子の女子生徒を自宅に連れ込みみだらな行為をしたとして、道教育委員会はこの教諭を懲戒免職にしました。

 

道央とは、北海道では、後志・石狩・空知・胆振・日高地方を指します。

 

懲戒免職になったのは道央の特別支援学校に勤める44歳の男性教諭ということです。

10代の女子生徒と交際?

 

この44歳の教諭はことし5月、教え子の10代の女子生徒を自宅に連れ込んでみだらな行為をしたということです。

 

女子生徒の親から学校に連絡があって発覚し、教諭は内部調査に対して女子生徒と「交際関係」にあったことなどを認めました。

 

女子生徒が18歳だとしても26歳の年齢差があります。

40代教諭は「信頼関係を取り違えた」と釈明

 

女子生徒と関係に関して刑事告訴や告発はされていないということですが、道教育委員会は教諭を18日付けで懲戒免職としました。

 

男性教諭は教育委員会の聞き取りに対し「教員と生徒の信頼関係を取り違えてしまった。生徒や学校に大変申し訳ない」と話しているということです。

障害者の弱みにつけ込んだのではないか

 

44歳の教諭は、「信頼関係」と語っていますが、特別支援学校に通っている生徒は何らかの障害(知的障害等)を持っています。

 

通常の高校の生徒よりも判断力が劣っているのをいいことに、交際?していたのではないでしょうか。

 

自由恋愛というよりも、相手の弱みにつけ込んだ卑劣な行為だとわたしは考えます。

 

服部洋宜・札幌の高校教師が17歳の少女にいかがわしい行為・高校と顔画像は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です