違法薬物を電話で宅配した高齢者軍団‼︎違法薬物仲間?最高齢は80歳

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

高齢者3人が違法薬物の宅配で逮捕

 

違法薬物を密売した疑いで、京都市に住む高齢の男女3人が逮捕されました。

 

逮捕されたのは、京都市山科区の服部文和容疑者(77)と、内縁の妻の明石加世容疑者(71)、京都市東山区の小城米四雄容疑者(80)です。

 

3人は先月、京都市山科区の路上で違法薬物0.2グラムが入った袋を男に1万円で譲り渡した疑いが持たれています。

全員、容疑を否認しています。

3人は違法薬物を通じた長年の仲間

 

3人は違法薬物を通じた長年の知り合いということです。

しかし、70歳を過ぎても違法薬物にかかわるとはロクでもない人間たちです。

 

警察が先月、服部容疑者の自宅を捜索したところ違法薬物11グラムや新品の注射器、携帯電話5台などが見つかリました。

 

3人は電話で注文を受けスクーターを使って、覚醒剤を届けていたとみられています。

70歳を過ぎて、スクーターで違法薬物を宅配していたとは、呆れてものもいえません。

犯罪の高齢化

 

警察によると客などが複数いて、これまでに16人が検挙されているということです。

捜査幹部は「犯罪に関わる者も高齢化していることを象徴するような事件」と話しています。

 

この3人の顔画像は現在公開されていませんが、これで死ぬまで刑務所暮らしは間違いないでしょう。

 

高齢化社会を迎え、若い時から悪いことをしていた人間も高齢化し、これからもさらに高齢者の犯罪は増えると思われます。

 

しかし、この元気さをもっと社会に役立つことにいかせないものでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です