鹿児島2歳児虐待死。札幌の詩梨ちゃん虐待死事件とかぶる理由

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

4歳の大塚璃愛來(りあら)ちゃん虐待死

 

逮捕された出水市の建設作業員・日渡駿容疑者(21)は、8月27日の夜、交際相手の長女・大塚璃愛來(りあら)ちゃん(4)の頭を殴った疑いが持たれています。

 

 

璃愛來ちゃんは翌日、「風呂場で溺れた」として病院に運ばれ、死亡。

死因は、溺死とみられています。

 

日渡容疑者は、璃愛來ちゃんを殴ったことは認めていて、「しつけだった」という内容の供述をしています。

 

璃愛來ちゃんは大雨の中、全裸で外に出されたいたことも判明しています。

児童相談所が適切な対応せず

 

璃愛來ちゃんをめぐっては今春、当時住んでいた同県薩摩川内市で警察が計4回保護し、ネグレクトの疑いもあるなどとして2回、児相に通告しています。

 

児相は4月にネグレクトと認定。

しかし、一時保護に踏み切らず、関係自治体と連携して「継続指導」すると判断しました。

 

璃愛來ちゃんをめぐっては、2019年3月、「インターネット上にシャワーを浴びせられている動画がある」との通報が児童相談所に寄せられていましたが、これより前の2018年冬ごろから、近所の人が、夜間1人で外にいる璃愛來ちゃんを複数回保護していたこともわかっています。

母親は日渡容疑者の子供を妊娠

 

母親の大塚ひかるは、現在、日渡容疑者の子供を妊娠中。

 

2人にとって璃愛來ちゃんは邪魔な存在だったと思われます。

 

 

この写真、札幌の虐待事件を思い出させます。

 

札幌の虐待事件との類似点

 

璃愛來ちゃんの事件は、先日札幌で起きた2歳の池田詩梨(ことり)ちゃんの虐待死事件とかぶります。

札幌児相のずさんな対応が内部資料で判明。詩梨ちゃんへの虐待防止せず 【札幌2歳児虐待死】詩梨ちゃん頭蓋骨骨折。母親はSNSとは別人? 【札幌2歳女児虐待死】警察が「臨検」提案も児相が拒否‼︎組織的問題

 

この時逮捕されたのは、母親の池田莉菜容疑者(21)と交際相手の藤原一弥容疑者(24)です。

 

参照:UHBニュース

 

母親のインスタの写真は今時の加工物、相手はタトゥー入りの強面です。

児童相談所の弱腰の対応も同じです。

 

もともと公務員気質の高い児童相談所の職員では手に負えない人物は、警察に任せるべきでだと思います。

 

児童相談所は相変わらず人ごと

 

札幌では、当初児童相談所の対応が責められたものの、その後無視を貫きとうしました。

詩梨ちゃんの事件は、児童相談所にとってはなかったことにしたいのだと思います。

 

どうしても、児童相談所という組織の特殊性が対応の弱さを生みます。

 

これ以上犠牲者を出さないように、児童相談所の役割の一部を警察に移管することを考えるべきだとわたしは思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です