鹿児島4歳児虐待死。日渡駿が釈放。暴行を認めたのになぜ?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

鹿児島で亡くなった璃愛来ちゃんを殺害したとして逮捕拘留されていた、母親の同棲相手の日渡駿が釈放されました。

 

なぜ、日渡が釈放されたのでしょうか。

日渡駿が釈放

 

鹿児島県出水市の大塚璃愛来ちゃん(4)が死亡した事件で、鹿児島地検は21日、20代母親の交際相手で、暴行容疑で逮捕された日渡駿建設作業員(21)を処分保留で釈放しました。

 

 

日渡容疑者は、殴ったとする容疑を認め「うそをつかれたからだ」と供述しており、県警は任意で捜査を続けるとしています。

 

やはり事故死ということか?

 

璃愛来ちゃんは8月28日夜、日渡作業員が「風呂場で溺れた」と出水市の病院に運び、死亡が確認されました。

 

死因は溺死。

 

遺体の頭部から下半身にかけ、殴られてできたとみられる痕が複数あったとされています。

 

日渡容疑者が釈放ということは、璃愛来ちゃんの死は事故であったということでしょうか。

それとも処分保留ですから、拘留期間中に立件する証拠が固められなかったのでしょうか。

 

母親がキーマン

 

璃愛来ちゃんの母親であるとされる、大塚ひかる(21)は児童相談所でネグレクトの疑いありとされています。

 

現在、日渡駿の子供を妊娠中とのこと。

 

璃愛来ちゃんが亡くなってから表に出てきません。

 

大塚ひかるのものとされるフェイスブックもそのままです。

 

今回の事件のキーマンはこの母親だと思われます。

 

まさかとは思いますが、釈放された日渡駿とまた同棲するとしたら亡くなった璃愛来ちゃんが浮ばれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です