(自称)慶応大学教授・白鳥世明。女性の下着400円相当を盗んで現行犯逮捕。顔画像と経歴

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

 

17日アパートのベランダから女性用の下着を盗んだとして男が逮捕されました。

 

下着泥棒はなんとあの名門大学の(自称)慶應大学の教授です。

自称・慶應大学教授の男が下着泥棒で逮捕

 

千葉県市川市で17日、アパートのベランダから女性用の下着を盗んだとして、自称・慶応義塾大学の教授が逮捕されました。

 

窃盗の疑いで逮捕されたのは、同県市川市大洲4丁目の自称・慶応義塾大学教授の白鳥世明容疑者(56)です。

 

白鳥容疑者の逮捕容疑は17日午後2時20分ごろ、市川市のアパート1階のベランダに干してあった38歳の女性のブラジャーとパンツ(時価計400円)を盗んだ容疑です。

 

逃走するが捕まり現行犯逮捕

 

アパートの室内にいた女性の夫が「泥棒!」と叫び、逃げた白鳥容疑者を数百メートル先の路上で現行犯逮捕しました。

 

警察の調べに対し白鳥容疑者は、「干してあった女性用の下着を盗んだことについては間違いありません」と容疑を認めているということです。

 

白鳥世明容疑者とは

 

白鳥世明(ラトリ セイメイ)容疑者は慶應大学の理工学部の教授で、物理情報工学科で総合デザイン工学を専攻。

 

参照:慶應大学HP

 

大学発ベンチャー企業として、白鳥ナノテクノロジーを設立しています。

 

著書もあり、その分野ではかなり優秀な教授のようです。

 

しかし、各メディアで「自称」がついているのは、日曜日で裏付けがとれていないからだと思います。

 

おそらく、これだけ大々的に報じられているので本物で間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です