11歳の少年に熱湯をかけた夫婦‼︎修業サークルで知り合う。顔写真公開

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

同居していた11歳の少年に熱湯をかける

 

2015年8月、東京・足立区で当時11歳の少年に熱湯を掛けてやけどをさせたとして、28歳の女と34歳の夫が逮捕されました。

 

逮捕されたのは、職業不詳の中鉢綾子容疑者(28)と夫の博晶容疑者(34)。

 

中鉢綾子容疑者と夫の博晶容疑者は2015年8月、足立区の自宅で当時11歳の少年にポットで熱湯を掛けて腹や背中、太ももなどに全治3カ月程度のやけどを負わせました。

 

 

参照:ANNニュース

 

事件当時、綾子容疑者は宗教関係の修業サークルで少年の母親と知り合い、2012年から同居していました。

 

中鉢夫婦が少年を虐待

 

同居から3年がたった2015年8月中旬以降、中鉢容疑者は、夫の博晶容疑者とともに、当時11歳だった知人女性の息子に対し、数回にわたって熱湯をかけたということです。

 

そのため、被害者親子は、2016年10月にこの家を飛び出し、息子は児童相談所に預けられました。

 

当時、母親は警視庁竹ノ塚署に、「自分と息子が暴行を受けた」などと相談したものの、母親も息子も詳細については話をしなかったため、立件はされなかったということです。

最近になり息子が虐待を受けたことを話す

 

最近になり、被害を受けた息子が「中鉢容疑者夫婦にポットでお湯をかけられた」、「数回にわたってやられた」などの話を始めたことから、15日の逮捕に至りました。

妻同様、夫の博晶容疑者も「お湯をかけて、やけどをさせたことに間違いありません」と話し、容疑を認めています。

 

おそらく、宗教関係のつながりで同居していたものの、この少年がいうことを聞かずに虐待(修業?)にいたったものと思われます。

 

 

少年も時が経ち、やっと洗脳が解け当時の状況を話すことができるようになったのではないでしょうか。

 

ポットでお湯をかけたのも、彼ら夫婦にとっては修業の一部だったのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です