20代の女性に353回メッセージを送りつけた猟奇的ストーカー医師・宮里彰容疑者(53)に新たな余罪発覚。警察官に暴行の過去。「貧乳系コスプレOL」にもちょっかい

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ストーカー医師の素顔

 

先日、20代の女性に連続して353回メッセージを送ったとして、さいたま市の医師、宮里彰容疑者(53)が4月9日にストーカー規制法違反の疑いで逮捕された事件。

 

参照:FRIDAY

 

宮里容疑者の猟奇的な素顔を週刊女性プライムが報じています。

 

1日あたり約40通、10日間連続で送りつける

 

 

 

異常なしつこさです。

 

「さいたま記念病院」で内科医として勤務

 

 

 

 

宮里容疑者の経歴

 

宮里容疑者は、 沖縄出身で、1992年に琉球大学医学部を卒業。

 

琉球大学卒業後は自治医科大学で血液内科の医師になりました。

 

その後は外資系の製薬会社などを転々とし、2019年から「さいたま記念病院」で勤務していました。

 

会社を設立するも経営実態なし

 

 

 

 

宮里容疑者のFacebook

 

宮里容疑者のFacebookと思われるものです。

 

 

 

経歴は違いますが、最後の「若葉会さいたま記念病院」だけはあっています。

 

Facebookも以前は半信半疑でしたが、週刊女性プライムの記事からするとこれで間違いないと思います。

 

5年前に離婚

 

 

 

 

過去には女性警察官に暴行

 

 

 

 

 

銀行のローンが通らなかったタワマンに住民票を移す

 

 

このマンションは、宮里容疑者が購入をしようと銀行にローンの申請をしましたが通らなかった物件とのこと。

 

居住していない住所に住民票を移すことは「公正証書原本不実記載等罪」にあたり、事実なら今後、宮里容疑者はさらに罪を問われる可能性が高いです。

 

さらなる余罪まで発覚した宮里容疑者。

 

今度こそは、医師免許が剥奪になると思います。