63歳の男が21歳の女性を誘拐。結婚目的略取とは?別の女性の影も

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

63歳の男が21歳の女性に結婚を迫る

 

職場の同僚の21歳の女性に結婚を迫り、無理やり車に乗せて連れ回した疑いで、63歳の男が逮捕されたという聞いたことがない事件が起きました。



『結婚目的略取』の疑いで逮捕された、杉山均容疑者(63)は、7月1日午前、かねてから好意を寄せていた、茨城・八千代町の介護施設の同僚である女性(21)の自宅に行き、嫌がる女性を無理やり車に乗せて結婚を迫り、その後、丸1日以上連れ回した疑いが持たれています。



被害者の女性は、連れ回されている最中も自分の母親と連絡を取っていて、通報を受けた警察が、翌日の夕方に、つくば市内の駐車場で2人を発見しました。


警察の調べに対して、杉山容疑者は「結婚目的でやった」と容疑を認めているということです。

『結婚目的略取』とは

 

この聞き慣れない「結婚目的略取」とは結婚を目的として相手を無理やり連れ去るこという犯罪です。

 

63歳の杉山容疑者がほんとうに21歳の女性と結婚できると思ったのでしょうか。



FNNの取材によると、杉山容疑者少なくても10年にわたり別の女性と同居していたということがわかりました。

 

参照:FNNニュース

 

この女性との間に何かがあって、21歳の女性と結婚しようと思ったのか?

現在警察が捜査中です。

 

まだ杉山容疑者の顔写真は公開されていません。

公開され次第、追記したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です