AKS吉成社長「事件の原因は元NGT山口真帆」という暴言にネット炎上

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

週刊文春デジタルが報じたAKS吉成夏子社長の暴言

 

「 週刊文春デジタル 」では8月27日、AKS社長の吉成夏子氏が活動を再開したNGT48メンバーの保護者を集めた説明会での音声データ を公開。

 

そこで明らかになったのは運営会社「AKS」トップ・吉成夏子社長の「犯人たちともともと繋がっていたのは元メンバーの山口真帆(23)」という爆弾発言でした。

 

 

AKSが犯人を相手取って民事訴訟を起こしている最中に、裁判に関わる内容を公然と開示したことも問題視されています。

今度はNGTメンバーへの発言

 

吉成社長は、現役のNGT全メンバーの前でも説明会を行っていることが明らかになりました。

 

その内容は、「事件前から犯人とつながっていた山口が、つながっていた男性と不仲になり、直接山口と話すために犯人たちが山口の部屋を訪れた」という衝撃の内容だったということです。

 

これが事実なら、山口とZ軍団がつながっていたことになり、今までの報道が覆ります。

 

吉成社長は、この発言は「あくまで犯人側の主張」として話しています。

 

犯人側の言っていることは信じても、メンバーのいうことは信じられないということでしょうか。

ネットでは吉成社長の発言を受け炎上

 

ネットでは吉成社長の発言を受けて、批判が続出しています。

 

 

 

 

 

わたしが探している限りでは吉成社長をかばうツイートはありません。

 

吉成社長はこれでも記者会見を開かないつもりでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です