【ベッキーのCMトラブル】「 かぼちゃの馬車」の詐欺問題でまたイメージダウンか⁉︎

要点をざっくり

  • タレントのベッキー(33)に、またもやスキャンダルが降りかかっています。
  • ゲス不倫事件から復帰後、CM出演した「かぼちゃの馬車」にトラブルが発生しています。
  •  CM復帰を焦るあまり、また問題発生です。


「かぼちゃの馬車」CMのスポンサー会社を巡るトラブル

 

タレントのベッキー(33)が、ゲス不倫事件から復帰後、CM出演した女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」にオーナーへの不払い問題が発生しています。

 

「かぼちゃの馬車」を運営する「スマートデイズ」は、オーナーに物件を建てさせ、サブリース契約を結んで安定した収入を得られるとうたっていますが、入居率が50%を下回り、スマートデイズ側が約束した賃料を支払わず、1月には支払いが停止しています。

 

出資したサラリーマン大家たちは、億単位の借金を背負い危機感を募らせているということです。

 

このCMのベッキーの起用には、当初から疑問の声が上がっていました。

 

「かぼちゃの馬車」のCMを自らのブログで紹介

 

2017年2月2日のベッキーのオフィシャルブログで

『かぼちゃの馬車』

 

女性専用のシェアハウス『かぼちゃの馬車』のCMに出させていただくことになりました。
これは60秒バージョンですが、youtubeなどには1分45秒バージョンもあるのでぜひみていただけたら…🦄✨ 都会で夢を叶えたいと思っている女性に、ぜひ“かぼちゃの馬車”さんのホームページ、みていただきたいです

出典:ベッキーオフィシャルブログ

 

と紹介しています。

 

これが、実際のCMです。

     ⬇︎

https://scontent.cdninstagram.com/t50.2886-16/16441745_165224330636430_6669592037500649472_n.mp4

 

スポンサーリンク

スマートデイズのやり方

 

今回のスマートデイズの問題に対し、「今回は過去のサブリース事案と違って詐欺性が高く、極めて悪質な手口だ」

と弁護士が語っています。

 

ざっくり言うと、一時期問題となった脱法シェアハウスを、女性専用の「寄宿舎」という形で法的にクリアして、スルガ銀行などから高利でオーナーが融資を受けアパートを建て、スマートデイズに転貸(サブリース)して、入居者がそのシャアハウスを貸りた賃料と銀行への返済金の差額がオーナーに入るというものらしいです。

 

このシェアハウスに入居する女性側のメリットは、邸宅風のおしゃれな外観と「敷金・礼金ゼロ」。

地方から職を求めて上京してくる20代の非正規雇用の女性が年々増えていますが、彼女たちにとってアパート入居時の敷金・礼金のハードルは高いので、それをクリアできるという訳です。

 

ネット難民と違い、就職時にもきちんと住所がありますから、職も探しやすいということになります。

 そして、その就職口も探してあげて、斡旋手数料ももらうという画期的?なビジネスのようです。

 

新しい形の「貧困ビジネス」とも呼ばれていますが。

 

しかし入居者率が悪いと、賃料が入らず借金ばかりが膨らむという最大の問題があります。

 現在、スルガ銀行から返済を迫られている億単位の借金をしているオーナーが、自己破産寸前です。

 

ベッキーのイメージダウンは避けられない

 

現在、この「スマートデイズ問題」では物件の所有者が銀行から融資を受ける際に提出した書類の預金残高などが改ざんされたケースも見つかっており、前社長のずさんな経営の責任も追及され、刑事告発も視野に本格調査される予定です。

 

ある不動産業者は、

「運営会社の実質経営者がアダルトビデオ店のフランチャイズを運営し、途中で頓挫した過去があります。このとき保証金や加盟金を支払った店のオーナーたちは返金されずじまい。そんな危ない企業だということはちょっと調べればわかるのに、よく大手芸能事務所が出演をOKしたなと思っていました」

と語っています。

 

今回は、事務所を通しているので問題はないのかもしれませんが、過去にも詐欺をした会社のCMに出て信用を落とし芸能界から消えたタレントもいます。

 最近では「ペニーオークション詐欺」が有名です。

 

ゲス問題から抜け出しつつある今、ベッキーにまた新たな問題発覚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です