【札幌バラバラ殺人】3人目の犯人逮捕‼︎被害者は犯人の飲食店の常連⁉︎

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

要点をざっくり

  • 北海道岩見沢市の山中で、札幌市の職業不詳、三好邑璃さん(19)の頭部が見つかり、男2人が逮捕された事件で、道警は26日、死体遺棄の疑いで、新たに自称無職、柴田和雄容疑者(47)=札幌市中央区南10条西8丁目=を逮捕しました。
  • 柴田容疑者は、逮捕された二人の容疑者の顔見知りとのことです。
  • また、三好さんの携帯電話のGPSが岩見沢周辺で途絶えていたことが分かりました。


3人目の犯人 

 

道警によると、関係者の話などから、柴田和雄容疑者(47)が浮上していたところ、柴田容疑者が25日夜、捜査本部のある白石署に出頭しました。

 

f:id:gbh06101:20180226142608j:plain

 

24日に同容疑で逮捕された、いずれも札幌市の飲食店経営、神智慶容疑者(31)、長谷川剛拓容疑者(31)とは顔見知りということです。

 

逮捕容疑は昨年12月15日ごろ、神、長谷川両容疑者と共謀し、岩見沢市栗沢町の山中に三好さんの遺体を遺棄した疑いです。

 

柴田容疑者は出頭の際に、「俺を探しているのか」と話したということです。

 

警察は、柴田容疑者の認否を明らかにしていません。

 

 

携帯のGPSが岩見沢周辺で途絶える

 

三好邑璃さん(19)の遺体が山中に捨てられた去年12月15日ごろ、三好さんの携帯電話のGPS(=位置情報)が岩見沢市内で途絶えたとみられることが新たに分かりました。

 

おそらく、犯人たちは岩見沢周辺まで三好さん(生死不明)を、携帯電話などと一緒に運んだと思われます。

携帯電話は、まだみつかっていません。

 

f:id:gbh06101:20180226131835p:plain

出典:三好邑璃さんフェイスブック

警察によるこれまでの捜索で、岩見沢の山中からは三好さんの頭部と毛髪が見つかっており、現在胴体などを探していいるということです。

 

三好さんは神容疑者の店の常連客

 

TBSニュースによりますと、三好さんは、神容疑者が経営する飲食店の常連客でした。

 

f:id:gbh06101:20180226132050p:plain

出典:TBSニュース

 

この「BAR Joint」が、神容疑者の経営する店のようです。

 

住所は

0640806 北海道 札幌市
北海道札幌市中央区南6条西4丁目串武6.4ビル2階

 

昨日記事にした「拡散希望情報」では1月の時点で

2017年12月15日から、北海道札幌市の三好ゆうりさん(19歳)が行方不明となっています。
三好さんは、ススキノのjointというバーで会った以降、行方が分からなくなっているようです。
その後、携帯電話のGPSが岩見沢市で途切れているようです。

とまで分かっていました。

(おそらく、警察が三好さんの捜査をしているときに、関係者に漏らしたと思われます)

 

これから推測すると、神容疑者の店に来ていた三好さんが、何らかのトラブルで店内、もしくは別の場所で殺害されたとものと思われます。

 

長谷川剛拓容疑者と柴田和雄容疑者もこの殺害に加わっていたのか、それとも死体をバラバラにして遺棄するのを手伝っただけなのかは、今後の捜査を待たなけれ分かりません。(犯人が他にいなければ)

 

神智慶容疑者と長谷川剛拓容疑者は送検

 

道警は神容疑者と長谷川容疑者を26日、検察庁に送検しました。

神智慶容疑者

 

f:id:gbh06101:20180226133911p:plain

f:id:gbh06101:20180226133809p:plain

出典:ANNニュース 

 

なかなかのイケメンで、ヤクザには見えませんね。

意外に今のヤクザは、ヤクザ、ヤクザしていません。

 長谷川剛拓容疑者

 

f:id:gbh06101:20180226134211p:plain

出典:ANNニュース

 

こちらの、長谷川剛拓容疑者(31)は一応暴力団員ではないようです。

私の経験上、こういう人はヤクザっぽいといわれますが、ヤクザではない可能性が高いです。

おそらく、見た感じは怖そうですが、意外に気は小さいのかもしれません。

 

組員が殺人に関わった以上、近いうちにまた二代目正道会に家宅捜査が入るものと思われます。

 

今後、道警ではさらに死体の捜索も含め慎重に捜査を進める方針とのことです。

1 Comment

k

死体遺棄罪の男 覚醒剤で追起訴
2018年03月29日 18時39分
2月、岩見沢市の山中で、19歳の女性の遺体の一部が見つかった事件で死体遺棄の罪で起訴された飲食店経営の31歳の男が覚醒剤を所持していたとして覚醒剤取締法違反の罪で追起訴されました。
追起訴されたのは札幌市の飲食店経営、神智慶被告(31歳)です。
神被告は傷害事件で先月5日に逮捕された際に自宅から覚醒剤の粉末およそ0点1グラムが見つかったとして覚醒剤取締法違反の疑いで再逮捕されていました。
神被告をめぐっては去年12月、当時19歳の女性の遺体を札幌市中央区から岩見沢市の山中まで車で運んで遺棄したとして死体遺棄の罪ですでに起訴されています。
検察は覚醒剤取締法違反の罪について神被告の認否を明らかにしていません。
警察は今後、雪どけを待って遺体の一部が見つかった岩見沢市の現場で捜索を再開する方針で、覚醒剤と遺棄事件との関連についても慎重に調べることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180329/3448461.html

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です