【札幌スワン】ススキノのスカウト逮捕‼︎1年で1億2千万円以上を荒稼ぎ⁉︎

要点をざっくり

  • 札幌市内で27日、声をかけた一般の女性らに禁止されている「風俗店の仕事を紹介」した疑いで、スカウト集団の男らが逮捕されました。
  • 逮捕されたのは、札幌市の会社役員、真田雅容疑者ら4人です。
  • 真田らは、およそ250人の女性を風俗店に紹介し、紹介料などとして1億2000万円以上を受け取っていたとみらています。


スカウトの男らが逮捕

 

札幌・ススキノの性風俗店に女性を紹介し、雇用させたとして、札幌中央署と道警保安課は27日、職業安定法違反(有害業務紹介)の疑いで、会社役員真田雅(まさし)容疑者(32)=札幌市中央区南8西3=ら札幌市の20~30代の男4人を逮捕しました。

 

真田雅容疑者 

f:id:gbh06101:20180228120733p:plain

出典: HBCニュース

 

4人は20数人からなるスカウト集団に所属していて「ネット広告」と名乗り、女性を勧誘していました。

 

グループはススキノで声掛けした女性らに風俗店で働くよう持ち掛け、紹介した店から女性の売り上げの10~15%を手数料として得るなどしていたということです。

 

道警は真田容疑者を筆頭にしたグループが、ススキノの性風俗店など80店以上に250人以上の女性を紹介し、店側から昨年1年間に紹介料として約1億2千万円以上を受け取ったとみて調べています。

 

あの座間9人遺体の白石容疑者も、違法でこのスカウトをやっていました。

 

単純計算でいくと、一人当たりの紹介料は約5万円ですね。 

 

スポンサーリンク

なぜ職業安定法違反なのか?

 

弁護士ドットコムによれば、

路上でのスカウト行為は、職業安定法と迷惑防止条例によって禁止されています。

まず前提として、労働者の募集、職業紹介、労働者供給について定めた職業安定法では、原則として、『労働者供給』を禁止しています(職安法44条)。

スカウトはこの『労働者供給』にあたります。

 

スカウトなどの労働者供給を行った場合、

『1年以下の懲役又は100万円以下の罰金』(職安法第64条)に科されると定められています。

 

さらに、職安法63条では、有害業務(風俗、売春、AV)に紹介したり、供給を行ったりすれば、『1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金に処する』と定めています。

 

f:id:gbh06101:20180228210700j:plain

 

今回は、この有害業務の供給ですから『1年以上10年以下の懲役又は20万円以上300万円以下の罰金』になると思われます。

 

ススキノ条例

 

札幌市のHPをみると、条例の制定の背景から、内容まで書いてあります。

      ⬇︎

http://www.city.sapporo.jp/shimin/chiiki-bohan/kanrakugai/ordinance/index.html

 

ざっくりいうと、悪質な客引きを禁止する条例です。

 

 

かなり前から、悪質なスカウトが出没しているようです。

 

この「ススキノ条例」に違反すると、『「50万円以下の罰金又は拘留もしくは科料」を適用します。また、この常習者には更に重い厳罰を適用します。』

となっています。

 

この条例のおかげで、道行く女性に声を掛けて性風俗店などで働くよう勧誘する「カラス族」や悪質な客引きは影を潜めました。

 

影を潜めただけで、実際にはいるようです。

 

この中心メンバー4人以外にもスカウトはいるようですから、まだ逮捕者が出ると思います。

 

[まとめ買い] 新宿スワン(ヤングマガジンコミックス)

 

おそらく、バックには「けつ持ち」と呼ばれる暴力団もいると思われるので(新宿スワンで勉強しました)、これから事件は広がりをみせそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です