【福祉施設虐待】「うそつき」カードを強要‼︎パジャマのまま放り出せ⁉︎

要点をざっくり

  • 兵庫県姫路市は20日、同市西庄の障害福祉サービス会社「実る」に対し、運営する知的障害者グループホーム(定員5人)の事業所指定を同日から6か月間停止すると発表しました。
  • 同社は、利用者に「私はうそつきです」との趣旨の文言を書いたカードを首からかけさせるなどしていました。
  • それ以外にも、数々の不正が発覚しています。


「 私はうそつきです」のカードを首からかけさせる

 

知的障害のある入所者の首に「私はうそつきです」と書かれたカードを掛けさせる虐待をしたなどとして、兵庫県姫路市は20日、同市西庄の障害福祉サービス会社「実る」(室井千香子社長)に対し、隣接する場所で運営する「ぐるーぷほーむ みのる」の事業者指定を同日から6カ月間停止すると発表しました。

 

同社は6日に事業所の廃止届を提出しています。

 

f:id:gbh06101:20180421090754p:plain

出典:NHK  NEWS WEB 

 

市によるとグループホームには知的障害のある女性3人が入所。
 

代表取締役の室井社長は、このうちの1人の知的障害のある20代の女性利用者に約束を守らなかったとの理由で、「私はうそつきです」という趣旨の書かれたA4サイズ程度のカードを首から提げるよう強要しました。

 

2016年3月、A4判ほどのこのカードを数日間、入浴や就寝時以外に首からかけさせられていました。

 

16年7月、市が定期的な実地指導をしたことをきっかけに発覚しました。

 

室井社長はカードについて「注意してもうそをつくので周囲に迷惑をかけないよう、本人の了解を得て掛けた」と説明しましたが、一方の掛けられた女性は「嫌だった」と話したということです。

 

また、「約束を守らない」として私物の携帯音楽プレーヤーや漫画などを約1年間、取り上げていました

 

スポンサーリンク

 施設内には「食事なしでいい」の張り紙

 

また、施設内では「食事の声かけは1度だけで、時間内に食べなければ食事なしでいい」などと書いた紙も貼り出し、スタッフに対し指示していました。

 

f:id:gbh06101:20180421075733p:plain

「ぐるーぷほーむ みのる」の施設内に貼り出されていた紙(姫路市提供)

 

時間内に食べなければ「食事なし」でいいと書かれています。

これは、飼っている犬に対するルールと似ています。

 

知的障害があると、こういう決まりを守るのは非常に困難だと思います。

 

朝の起床の声かけも一度で「起きなければパジャマのままでも放り出して下さい」と書いていますが、ここは刑務所なのでしょうか。

 

入居者を、人間扱いしていないように感じます。

 

これ以外にも数々の不正

 

さらに、代表取締役の親族に当たる従業員が、利用者が支払った食材費でマグロやハマチの刺し身などを購入し、従業員らで食べていたことなども分かりました。

 

同社は2006年設立。

 

グループホームは15年に事業者指定を受けていました。

 

f:id:gbh06101:20180421085406p:plain

 出典:WAM NET

 

同社が運営する生活介護事業所、「club can do」では平成23年に県から障害者の生活支援を行う事業の指定を受ける際、医師の名前を無断で使って医師がいるかのように虚偽の申告をしていました

 

また、介護給付費を過大請求して約26万2千円をだまし取ったなどとして、市は指定を取り消しています。

 

市は今後、告訴も検討するとしています。

 

今度は、室井千香子社長が「うそつき」と書いたカードを首からつり下げる番ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です