【万引き医師夫婦】医師の夫に実刑判決‼︎通じなかった「窃盗症」⁉︎

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

要点をざっくり

  • 福岡市の高級スーパーなどで牛肉や焼酎などを盗んだ医師夫妻に、15日判決が出ました。
  • 夫の医師の河原孝太郎被告(35)には、懲懲役1年6カ月、美由紀被告に執行猶予付き(懲役1年6カ月・執行猶予3年)の判決を言い渡しました。
  • 弁護側は「窃盗症という病気だ」などとして、執行猶予付きの判決を求めていました。

医師夫妻に実刑判決

 

福岡市の高級スーパーなどで牛肉や焼酎などを盗んだとして、窃盗罪に問われている医師と妻の裁判で、15日、福岡地裁は医師に実刑判決を言い渡しました。

 

f:id:gbh06101:20180616085518p:plain

参照:九州朝日放送

 

判決によりますと、大分県日田市の医師、河原孝太郎被告(35)と妻の大学院生、河原美由紀被告(29)は共謀し、去年の9月から翌月にかけて4回、福岡市の高級スーパーなどで牛肉や焼酎、ダウンジャケットなど、およそ92万円相当を盗みました。

 

 

これまでの裁判で検察側は、河原孝太郎被告に懲役2年6カ月を求刑し、弁護側は「窃盗症という病気だ」などとして、執行猶予付きの判決を求めていました。

 

裁判所は「窃盗症」でも有罪

 

福岡地裁の川瀬孝史裁判官は、

 

「陳列棚を見て回りながら、持参したバッグに商品を入れるなど手馴れている。万引きの執行猶予期間中の犯行で、盗癖は根深い。

ニュース|KBC九州朝日放送

九州朝日放送から引用

 

と指摘し、窃盗症の治療の必要性は認めた上で、「刑事責任に向き合うべきだ。」として、河原孝太郎被告に懲役1年6カ月、美由紀被告に執行猶予付き(懲役1年6カ月・執行猶予3年)の判決を言い渡しました。

 

f:id:gbh06101:20180616085235p:plain

参照:九州朝日放送

 

現在、窃盗症(クレプトマニア)という病気が注目されていて、この夫妻はこのクレプトマニアっぽかったので、執行猶予はつくかなと思っていましたが、裁判所の判断は厳しいものでした。

 

 

クレプトマニアでも刑事責任はある

 

今回の裁判は、クレプトマニアであったとしても「刑事責任はある」とした判決でした。

 

f:id:gbh06101:20180616090621j:plain

 

これが無罪になったら、昔からいる「手癖の悪いひと」たちは、治療優先で有罪判決にならなくなる可能性が高くなります。

 

おそらく、万引き常習者の間では、この「クレプトマニア」を主張すれば大丈夫的なことになっているような気がしていましたが、実刑判決が出てよかったです。

 

万引きによる損失で、潰れた店は数多くあります。

 

 

クレプトマニアとは

 

最近では、弁護士がこのクレプトマニアの「弁護」と「治療」に関与していることが多いようです。

 

元検事の中村勉弁護士が代表パートナー弁護士を務める「弁護士法人 中村国際刑事法律事務所」では 、このクレプトマニアに対して、医療機関と連携して治療にも当たっているようです。

 

クレプトマニアとは,窃盗(万引き)衝動に伴う精神的な緊張感およびその状態からの解放感に依存し,繰り返し窃盗行為に及んでしまうという精神疾患の一種です。その特徴は,商品自体の価値を得ることを目的とするのではなく,窃盗行為そのものを目的として窃盗行為に及ぶ点にあります。

窃盗症(クレプトマニア)でお悩みの方へ|刑事事件に強い元検事弁護士が強力対応

 

弁護士法人 中村国際刑事法律事務所HPから引用

 

この中でクレプトマニアの特徴として、「個人的に用いるためでもなく,金銭的価値のためでもなく・・・」とあり、この医師夫婦は盗んでいるものが高額で自分たちの贅沢のために使ったり、結婚の引き出物に使っていることから、本当に「クレプトマニア」なのかは疑わしいですね。

 

高齢者の女性の万引きが増えている

 

最近高齢者の万引きが北海道でも増えており、貧困化が凄まじいなと思っていましたが、中村国際刑事法律事務所では高齢者の女性の場合、この「クレプトマニア」が関わっている可能性が高いと指摘しています。

 

万引き被疑者の逮捕(室蘭署)

室蘭署は12日、室蘭市内の店舗において、食料品などを盗んだ無職の女(84歳)窃盗で逮捕した。
 

万引き被疑者の逮捕(岩見沢署)

岩見沢署は9日、岩見沢市内の店舗において、日用品を盗んだ無職の女(85歳)を窃盗で逮捕した。
 
参照:北海道警察HP
 
 
この1週間でも、80代の女性の万引きが2件もあります。
 
クレプトマニアかどうかは不明ですが、食料品や日用品を盗むほど貧乏というのも考え難いです。
(生活保護もありますし)
 
もし、身内にこういう方がいて困っていたら、一度専門の病院か、弁護士事務所等に相談してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です