【紀州のドン・ファン怪死】空の金庫の謎‼︎隠し金が事件の「カギ」か⁉︎

要点をざっくり

  • 混迷を極めている、紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏(享年77)の怪死事件ですが、先日開かずの金庫を開けたら何もなかったという報道がありました。
  • この金庫には、普通なら3億円ほどの現金が入っていたというのです。
  • 新たな犯人として、この3億円に絡んだ人物が浮上しています。

新たな疑惑が浮上

 

野崎幸助氏(享年77)の遺骨の埋葬場所は、今も宙ぶらりんのままです。

 

祭壇には、20円引きのサンドイッチが供えられているとも報じられています。

 

22歳の妻は「夫の墓なんて守らないもん」と言い放ち、和歌山で従業員が説得してもスマホのゲームに明け暮れ、生活の拠点は自宅のある和歌山ではなく、東京で生活を続けているということです。

 

混迷を極めている捜査の中で、新たに野崎氏の金庫の中の「隠し金」についての疑惑が浮上しています。

 

金庫の中は空

 

6月20日、和歌山県警は野崎氏の会社に2回目の家宅捜索を行いました。

 

最初の捜索では開けられなかった金庫室の金庫を、今回は業者を呼び開けたということです。

 

その、大小2つの金庫を開けてみると、大きい方にスーツやネクタイが入っていただけで、覚醒剤はおろか現金もなく、ほぼ空っぽの状態でした。

 

しかし、野崎氏は現金を手元に置いておくタイプで、そのため以前には自宅から現金を女性に持ち逃げされています。

 

野崎氏はこの「隠し金」を自身で管理しており、その一時的な置き場所がこの金庫でした。

 

スポンサーリンク

国税局に入られてから頻繁に現金を金庫から移動

 

野崎氏は、過去に脱税に問われ逮捕される寸前までいった経験から、国税局に突き止められないよう、隠し金を金庫から信頼できる知人宅などへ頻繁に移動させていたということです。

 

f:id:gbh06101:20180705081650j:plain

 

野崎氏はスーツケースに現金をつめて、ガムテープでぐるぐる巻きにして従業員らに運ばせていたというのです。

 

その重量は、約30キログラムで3億円相当だったとのことです。

 

脳梗塞を患った野崎氏が、30キロの現金を運ぶのは到底無理があります。

 

この金庫に現金がないということは、誰かが野崎氏の命令でどこかに運んで隠している可能性があると警察はみているようです。

 

従業員同士で疑心暗鬼に

 

このスーツケースの移動の際に、3億円と目される現金を一度にスーツケースに入れていたということですが、その運び役を主に担ったのが、前述したとおり同社の従業員でした。

 

今回の捜索の結果に、従業員たちは「金庫にあったはずの隠し金がない」と首を傾げています。

 

現在、社長に命じられてスーツケースをどこかに運んだにもかかわらず、それを黙っている者がいるのではないかと、従業員同士で疑心暗鬼になっている状態だと会社関係者が語っています。

 

昨年の正月にトラブルが

 

野崎氏は、スーツケースの預け先として、近所の元従業員の男性に依頼したことがあるそうです。

 

f:id:gbh06101:20180705081647j:plain

 

そのお礼として4万円を支払っていたそうですが、昨年「ガムテープがはがれている。2000万円盗んだろう」といわれ、昨年の正月に中傷のビラをまかれ「金返せ」という電報までうたれたとのことです。

 

もともと、金融業の取立てが厳しいことで知られている野崎氏だけあって、やり方は借金の取立てそのものです。

 

この男性は、なくなったと思われるお金についてはまったく知らず、警察に相談しています。

 

それから、野崎氏は新しいお金の預け場所を探したと思われます。

 

そうすると、今度はこのスーツケースを運んだ従業員のだれかが、この3億円の現金を横取りしようとして・・という展開になります。

 

この隠し金が、今回の事件を解き明かす「カギ」になる可能性も出てきました 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です