【オウム真理教】残る6人の死刑執行‼︎ひと月に13人の死刑は異常か⁉︎

要点をざっくり

  • オウム真理教元幹部で坂本弁護士一家殺人事件や地下鉄サリン事件などで殺人などの罪に問われて死刑が確定した6人の死刑囚について、法務省が死刑執行の手続きを始めたことが分かりました。
  • 現在、3人の死刑執行が確認されていますが、残り3人ついても26日に執行するとのことです。
  • 執行後には上川法務大臣が会見を開いて説明を行うものとみられています。

 26日に13人の死刑囚の残り6人の死刑を執行

 

法務省は6日、オウム真理教の元教祖・麻原こと松本智津夫元死刑囚ら7人について死刑を執行しました。

 

教団を巡る一連の事件では他に6人、

 

・端本悟死刑囚(51)(東京拘置所)

・豊田亨死刑囚(50)(東京拘置所)

・広瀬健一死刑囚(54)(名古屋拘置所)

・宮前一明、旧姓・岡崎一明死刑囚(57)(名古屋拘置所)

・横山真人死刑囚(54)(名古屋拘置所)

・小池泰男、旧姓・林泰男死刑囚(60)(仙台拘置所)

の6人の死刑が確定しています。

 

f:id:gbh06101:20180726094236p:plain

参照:JNNニュース

 

関係者によりますと、法務省は6人について、死刑の執行の手続きを始めたということです。

 

一部報道では、すでに3人の死刑が執行された模様です。

 

26日中に執行が全て行われ、執行後には上川法務大臣が会見を開いて説明を行うものとみられています。

 

スポンサーリンク

法務省で初のひと月に2回の死刑執行

 

法務省が執行を公表するようになった10年11月以降、1カ月の間で2回の執行は初めてです。

 

これは共犯者が執行されたことにより、残された死刑囚の精神状態を考慮しての措置とみられています。

 

13人の死刑囚の確定順では、岡崎死刑囚が平成17年で最も速く、横山、端本、林各死刑囚が3~5番目、豊田、広瀬両死刑囚が7、8番目となっています。

 

事件は麻原元死刑囚が主導し、救済の名の下に麻原元死刑囚が日本国を支配しようという妄想の果ての犯行でした。

 

林死刑囚ら6人はこの3事件のいずれかに関与しており、松本サリン事件と地下鉄サリン事件では、後に被害者が1人ずつ死亡し、一連の事件での死者は29人に上っています。

 

このうち、林死刑囚だけ1人仙台拘置所に移送されているのは、地下鉄サリン事件のほか、94年に起きた松本サリン事件に関与しており、さらに地下鉄サリン事件では、自ら志願する形で、ほかの実行犯よりも1袋多い3袋のサリンを地下鉄日比谷線の車内にまき「殺人マシン」と呼ばれていた幹部だからだと思われます。

 

 

最初の死刑執行で、世界中からも物議を醸し出したのに、2回目が7月中に行われたというのには、私はただただ驚いています。

 

詳細については、また報道があり次第、記事にしたいと思います。

 

追記:

 

上川法務大臣が会見

 

川上陽子法務大臣は、記者会見で記者からの質問に答えています。

 

その中で、「正義に鑑みて」「世論との調整」という言葉を使っています。

 

死刑制度自体がどうかという質問についてもされており、肝心のなぜ今日死刑を執行したのかがよく分かりません。

 

f:id:gbh06101:20180726115530p:plain参照:NHKニュースWEB

 

しかし、川上法務大臣は思い切ったことをしました。

 

元々、事務能力が優れており、粛々と業務をこなすと言われていましたが、みんなが意表を突かれています。

 

2017年から2度目の法務大臣になっています。

 

死刑執行を決めた歴代の法務大臣の中で、このオウム事件で死刑執行の数が一番になりました。

 

今回世間からのバッシングや報復もあり得ますから、かなりの「覚悟」を持っての決断だと思います。

 

アレフなどのオウム真理教の残党の報復も十分考えられますから、身辺警護はしっかりしてほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です