【北海道発】絶対に忘れ物をさせないトイレ登場‼︎鍵は「トレイ」⁉︎

要点をざっくり

  • 外出先で、うっかりトイレの中に財布や携帯電話などを置き忘れてしまうという経験は、誰しもあると思います。
  • 北海道に「絶対に忘れ物をさせないトイレ」が登場しました。
  • これなら、よくトイレに忘れる携帯、財布などを置いてきてしまうことがなくなります。

 北海道に「絶対忘れ物をさせないトイレ」が登場

 

北海道のある場所に『絶対忘れ物をさせいないトイレ』が登場しました。

そのトイレは、札幌から車で、およそ1時間半。

道央自動車道の『有珠山(うすざん)サービスエリア』にあります。

 

f:id:gbh06101:20180824062838p:plain

参照:HTBニュース

 

〒052-0003 北海道伊達市幌美内町614

 

 

私は、近未来のAIを搭載したトイレを想像しましが結構アナログです。

 

このトイレの仕掛けとは。

 

「トレイ」が秘密の鍵

 

この、忘れ物をさせない「秘密」は「トイレ」の「トレイ」にありました。

 

「トイレ」の「トレイ」というのはややこしい表現ですが。

 

このトレイは、縦17センチ・横9センチとスマートフォンや財布など小物を置きやすい大きさ。

 

f:id:gbh06101:20180824062934p:plain

 

縁には「滑り止め」もついていて、1キロ程度の重さまで置くことができるということです。

 

このトイレの「トレイ」が忘れ物をさせないのです。

 

 

スポンサーリンク

画期的な仕組み

 

このトイレは、鍵自体が携帯電話や財布が置ける小物置きになっていて、トレイの上に小物を置くことができます。

 

実はこのトレイが「トイレの鍵」になっています。

つまり、トイレを出るときには自分が置いた小物を取らなければ鍵が開けられないという『画期的な仕組み』です。

 

 

f:id:gbh06101:20180824063018p:plain

 

f:id:gbh06101:20180824063019p:plain

参照:HTBニュース

 

利用者も

 

「あっ…なるほど!便利ですね・絶対鍵開けますもんね」「これなら忘れないと思う」と語りました。

絶対に忘れ物をしないトイレ登場 | HTBニュース

UHBニュースから引用

 

確かに、鍵は絶対開けますから、そこに置いてある小物があればとり忘れをしません。 

 

忘れ物の6割以上は小物類 

 

ネクスコ東日本によりますと、高速道路のパーキングエリアやサービスエリア内の忘れ物のうち「6割以上が小物類」ということです。

 

携帯電話や財布やタバコをそのまま持って、車やバスから降りてトイレに行くというパターンが多いですから。

 

ネクスコ東日本の担当者は、この鍵を設置してから忘れ物の回収に要していた時間が270時間から108時間に減ったとも語っています。

 

この「忘れ物防止トレイ」がついた個室トイレは去年9月から道南方面の一部パーキングエリアやサービスエリアで試験的に運用されていますが、今後は道央道のすべてで展開を考えているということです。

 

これで、高速道路で財布や携帯をおき忘れて、かなり走ってから引き返すという悪夢から解放されるので利用者にとってもいいことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です