【苫小牧昏睡強盗】40歳の無職の女が送検‼︎睡眠薬を漢方薬と偽る⁉︎

要点をざっくり

  • 苫小牧市で88歳の男性に睡眠薬を飲ませ、現金970万円を奪ったとして40歳の女が送検されました。
  • 昏睡強盗の疑いで逮捕・送検されたの、井上妙子容疑者(40)です。
  • 男性と井上容疑者は20年らいの知人ということです。

苫小牧市で昏睡強盗

 

苫小牧市で88歳の男性に睡眠薬を飲ませ、眠り込んだ隙に現金970万円を奪ったとして40歳の女が逮捕・送検されました。

「昏睡強盗」の疑いで逮捕・送検されたのは苫小牧市明徳町4丁目の無職、井上妙子容疑者(40)です。

 

f:id:gbh06101:20180901181619p:plain

f:id:gbh06101:20180901185231p:plain

参照:HTBニュース

井上容疑者は8月28日から29日にかけて同じ町内に住む88歳の男性の石崎さんの自宅で、睡眠薬を飲ませて昏睡状態にさせた上で現金970万円を盗んだ疑いが持たれています。

 

引用元: 88歳男性を眠らせ970万円奪ったとして女を逮捕 | HTBニュース

 

井上容疑者と石崎さんは20年前からの顔見知りで、同じ市営住宅に住んでいたとのことです。

 

男性の知り合いが警察に通報し、顔見知りだった井上容疑者の疑いが強まったということです。

調べに対し、井上容疑者は「睡眠薬を飲ませて金を盗んだことは間違いありません」と容疑を認め、供述から盗まれた金は全額見つかったということです。

 

警察は犯行の動機や、睡眠薬の入手経路などを詳しく調べています。

 

それと関係ありませんが、井上容疑者の隣の女性は、アナウンサーだと思ったら刑事さんのようです。

 

なんか、テレビや映画に出て来そうな女性です。

(本当に関係ないですね)

 

 

スポンサーリンク

自分で漢方薬だと言って飲んでみせる

 

石崎さんがテレビのニュースでインタビューに答えているところによると、井上容疑者がお茶を石崎さんの家に飲みにきて、その時よく効く漢方薬があると言われ、石崎さんの目の前で井上容疑者がその薬を飲んでみせたそうです。

 

その漢方薬を飲むと身体がポカポカすると聞いて、井上容疑者が飲んでいるのを見ているものですからすっかり信用して、石崎さんもその薬を飲んだとのことです。

 

f:id:gbh06101:20180901192506j:plain

 

おそらく、石崎さんに渡した薬はすり替えたものでしょう。

 

そうしたところ、意識が朦朧としてきて、寝てしまったのだとか。

 

そして起きたら次の朝の昼過ぎになっており、初めて井上容疑者が家にあった1000万円近くのお金を盗んだことに気づいたそうです。

 

 

なぜ、1000万円があることを井上容疑者が知っていたのか

 

これが一番の謎です。

 

なぜ、石崎さんの自宅に1000万円近い現金があることを、井上容疑者は知ったのでしょう。

 

石崎さんの近所の人の話によれば、電気屋さんが石崎さんの家に来た時もその現金を見ており、ご近所では石崎さんの自宅に1000万円の現金があることは有名だったとのことです。

 

大金は隠しておかないと。

 

それで、近所に住む井上容疑者は石崎さんを睡眠薬で眠らせて、現金を盗むことを思いついたのでしょう。

 

睡眠薬の入手経路もおそらく、自分が使用していたものを粉末状にでもしたのだと思われます。

 

しかし、睡眠薬も意識がすぐなくなくなるくらいの量だとすると、死ぬ場合もあります。

 

20年前からの知り合いでお茶を飲むほどの間柄なのに、昏睡強盗までするとは。

 

井上容疑者は、よほどお金に困っていたのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です