【ゆうあいクリニック院長】「合成麻薬」使用で逮捕‼︎口コミも悪すぎ⁉︎

f:id:gbh06101:20180918152513p:plain

  • 埼玉県富士見市の「ゆうあいクリニック」の院長が、合成麻薬「MDMA」を使用した疑いで逮捕されました。
  • すでにHPからは、院長のページが削除されています。
  • 口コミを見ると、この院長の評判はかなり悪いようです。

ゆうあいクリニック」の院長がMDMA使用で逮捕 

 
 埼玉県富士見市にある「ゆうあいクリニック」の院長・土地岳彦容疑者(42)は16日、東京・新宿区の路上で態度が不審であったことから、警察官から職務質問を受けました。
 
 

f:id:gbh06101:20180919183054p:plain

参照:ANNニュース
 
その後の尿検査で合成麻薬「MDMA」の成分が検出されたため、麻薬取締法違反の疑いで逮捕。
 
職務質問の直前には、警察官を見て目をそらしたり応答も不自然だったとのことです。
 
土地容疑者は、「麻薬などを使用した覚えはありません」と容疑を否認しています。
 
 

土地院長とは

 

土地院長は、すでに「ゆうあいクリニック」のHPから完全に抹消されています。

 

f:id:gbh06101:20180919174438p:plain

 
参照:ゆうあいクリニックHP
 

f:id:gbh06101:20180919175040p:plain

参照:ANNニュース 
 
医師の紹介欄からも、土地容疑者の欄は削除されています。
 
経歴は、千葉大学医学部卒で、消化器内科、外科の認定登録医のようです。
 
胃カメラ、大腸カメラ、や風邪などの内科も担当しています。
 
 
スポンサーリンク

土地容疑者は16日から休暇

 

先ほどまで「土地院長は16日はお休みです」とHPに書かれていましたが、それも削除されています。

(この病院は土日も診察しています)

 

また、19日の内科も『院長不在のため』を削除して休診としています。

 

f:id:gbh06101:20180919180638p:plain

          ↓

f:id:gbh06101:20180919180644p:plain

 
ゆうあいクリニックのHPからは、土地院長の影が完全に消えました。
 
かなり大急ぎでHPを作り直しているようです。
 
でも、この事件のポイントは「そこじゃないでしょ」と言いたいです。
 
ゆうあいクリニックに電話して、なぜ土地院長の名前をHPから削除したのか聞いたところ、「保留」にされたっきり放置されました。
 
 

土地院長の評判がとにかく悪い

 

この病院の口コミが悪く調べて見ると、この土地院長の診察態度に患者さんが腹を立てているようです。

 

『口コミ評価』

★★2.2です

 

ある方たちの土地院長に対する口コミです。

 
 
しかし、診察は院長の土地さん!?
笑顔を見せることもなく、目も合わせず、上から目線的な話し方。説明より、薬探しに夢中で、終始不機嫌そう。子供だったら泣いてしまうかなぁ。
処方された薬は全く効かず、後日他の病院で再診察してもらい、違う薬を処方してもらって、すぐに治りました。
 
院長様はご機嫌によるのかわかりませんが、まず笑顔がなく怖いです。
ご自身の手で打ち間違いしたPCの電子カルテを患者の申告が間違っているようにまくし立てたり、内科が専門であられるようですが過去の消化器系病歴から なりうる貧血の症状をご理解されていないようで「鉄サプリでも飲んでればいいんじゃない?」とさらりと流したのには呆れました。
 Google口コミから引用
 
 
かなり怖い印象の医師です。
 
それともクスリが切れていたせいでしょうか。
 
こんな町医者には診てもらいたくないと私も思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です