【TDLでパワハラ】私たちの夢を返せ‼︎労災隠しに「死んじまえ」⁉︎

f:id:gbh06101:20180921202642p:plain

  • 誰もが行ったことがある東京ディズニーランド。(TDL)
  • サービスはTDLに学べという、TDLを運営しているオリエンタルランドを絶賛する本まで出ており、私も昔読みました。
  • ところが実際はこのTDLで、パワハラが横行しているというのです。

夢の国「東京ディズニーランド」でパワハラ

 

「夢の国」「東京ディズニーランド」。

 

私の同僚は、子供を連れて北海道から何十万円もかけて遊びに行っていました。

 

出迎えてくれるのは、ミッキーマウスやドナルドダックなど、昔から親しまれているキャラクターです。

(私が行った昔々は)

 

f:id:gbh06101:20180921221423p:plain

参照:東京ディズニーランドHP

 

しかし、その着ぐるみの中に入った女性らに、パワハラと過重労働がかされていました。

 

こんな本まで出ていたのに。

 

信じて損しました。

 

 

TDLで飛び交う暴言

 

 TDLでは次のような暴言が飛び交っていたということです。

 

「30歳以上のババァはいらねーんだよ。辞めちまえ」

 

「俺の前に汚ねえ面見せるな」

 

「お前は来期、(ディズニー)シーに異動かな」 

 

運営会社であるオリエンタルランドを訴えたのはAさんです(30代後半・女性)。

 

 

f:id:gbh06101:20180921224436p:plain

参照:FLASH

 

Aさんは2008年に契約社員として雇用され、以来キャラクターの着ぐるみに入りショーやパレードなどに出演していました。

 

トラブルが発生したのは2013年1月ごろで、Aさんが着ぐるみのキャラクターに扮して客と握手や記念撮影をする「グリーティング」業務をしている最中、男性客に右手薬指を反対側に曲げられて負傷しました。

 

労災申請から始まったパワハラ

 

Aさんが、怪我に対して労災を申請したところ『それくらい我慢しなきゃ。君は心が弱い』と言われ、手続きを取ってもらえなかったそうです。

 

会社によっては、労災申請をとても嫌います。

 

労災を使うと、労働基準監督署からの調査や行政処分が入ったり、業務の監督者の評価が下がるからです。

 

夢の国、TDLにしてみれば労災なんてもってのほかでしょう。

 

それをきっかけにパワハラが始まったそうです。

 

スポンサーリンク

「死んじまえ 」という暴言も

 

Aさんがバックステージで過呼吸を繰り返すと、『次に倒れたら辞めてもらう』と言われたり、喘息の症状が出て楽屋の環境改善を申し出ると『病気なのか。それなら死んじまえ』と酷い暴言を吐かれたとのことです。

 

このパワハラは5年以上にわたって続いたため、Aさんは精神的に追いつめられて現在は休職中。

 

会社の労務管理に問題があるとして、7月に訴えを起こしました。

 

この暴言は、なにがなんでもやめさせようとする表れですね。

 

 満身創痍の出演者たち

 

同じく訴えを起こしたのは契約社員のBさん(20代後半・女性)。

 

Bさんは2015年に入社後、総重量10キロから30キロの着ぐるみを着てショーなどに出演していました。

 

f:id:gbh06101:20180922062925p:plain

 

この着ぐるみはただでさえ重いのに、雨が降るとさらに重くなるとのことです。

 

それに、着ぐるみを着ている人は声を出せないので、いたずらをして声を出させようとするお客さんもいるのだとか。

 

 

Bさんも労災申請を断られる

 

Bさんは、2016年11月ごろから手の震えが止まらなくなり、2017年1月には激痛が走り、手の感覚がなくなったとのことです。

 

病院の診断は、血流障害などで痛みが出る「胸郭出口症候群」

 

「キャラクターは、元気がいい印象でなければならず、絶えず腕を上げている状態でした。会社は労災申請手続きをしないし、休業補償も出さない。その後、労災は認められましたが、労務管理に問題があると認めないので、提訴しました。彼女は『二度とこんなことが起きないようにしてほしい』と言っています」(同前)

着ぐるみではないが、ダンサーとして働いていた女性は、過酷な労働実態を明かす。 

「衣装の重さで腰を悪くし、しばらく休んだことがあった。皆、膝など体のどこかを痛めていました。でも出演しないと給料が出ないので大変。それでも我慢してでも、しがみついてでもやっていたい職業ですから……」

東京ディズニーランドでパワハラ訴訟 女性に「ババアはいらねえ」 – ライブドアニュース

週刊FLASHから引用 

 

出演者の多くは満身創痍だとのことです。

 

オリエンタルランドはFLASHの質問に対して、「コンプライアンスを徹底していく」と回答しています。

 

オリエンタルランド自体知っていたでしょうから、なんとも白々しい答えです。

 

次回の裁判は11月の予定とのこと。

 

f:id:gbh06101:20180921221530p:plain

参照:東京ディズニーランドHP

 

現在、「ブラック企業大賞企画員会」も調査すると語っています。

 

近いうち、TDLの名前が「東京ブラックランド」に変わるかもしれません。

 

今まで騙されてきた、我々の夢を返して欲しいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です