【強盗犯は地域課長】逮捕した犯人は上司‼︎原因はお小遣いの使いすぎ⁉︎

要点をざっくり

  • 量販店で商品を盗み、警備員に暴行を加えたとして、神奈川県警伊勢佐木署は5日、事後強盗の容疑で、同署地域3課長の警部、大森正和容疑者(41)を逮捕しました。
  • 逮捕容疑は、5日午後10時5分ごろ、同市中区伊勢佐木町の「ドン・キホーテ伊勢佐木町店」で、1267円相当の商品を盗んだ疑いです。
  • 調べに対し、大森容疑者は「お金を使いたくなかった」などと供述しています。

万引きで「万引き対応の現場責任者の警察幹部」が逮捕される

 

量販店で商品を盗み、警備員に暴行を加えたとして、神奈川県警伊勢佐木署は5日、『事後強盗』の容疑で、同署地域3課長の警部、大森正和容疑者(41)=横浜市南区大岡=を現行犯逮捕しました。

 

f:id:gbh06101:20181006215315p:plain

参照:FNNニュース

 

場所:神奈川県伊勢崎警察署とドン・キホーテ伊勢佐木町店

 

 参照:グーグルマップ

 

大森容疑者は、容疑を認めています。

 

暴行の動機について、大森容疑者は「警察官なので、万引きで捕まるわけにはいかなかった」と供述しているということです。

 

大森容疑者は昨年3月から現職で、万引きなどに対応する現場責任者でした。

 

自分の署の『部下』に逮捕された上司

 

大森容疑者は、5日午後10時5分ごろ、同市中区伊勢佐木町の「ドン・キホーテ伊勢佐木町店」で芳香剤1個と靴下2点(販売価格計1267円)を万引し、逮捕を免れるために、呼び止めた警備員の男性(30)の胸ぐらをつかんで突き飛ばすなどの暴行を加えたとしています。

 

f:id:gbh06101:20181006215429p:plain

参照:FNNニュース
 

男性らが取り押さえ、大森容疑者は通報で駆けつけた同署の『部下』に身柄を引き渡されました。

 

伊勢崎署の署員も、まさか万引き事後強盗で引き渡されたのが、自分の署の課長だったとは思いもよらなかったでしょう。

 

署員は、捕まえるのが先か、挨拶をするのが先かという漫画のような選択に迫られたと思います。

 

スポンサーリンク

お小遣いの使いすぎが動機

 

県警監察官室によるとこの日、大森容疑者は午後3時ごろに前日朝からの当直勤務を終え、午後6時半ごろから約2時間、同期の警察官2人と居酒屋で飲食。

 

解散後、気分が悪くなり吐いた際に靴下をぬらし、替えの品物を求めて同店に入ったと供述しているとのことです。

 

だから、万引きしたのが、芳香剤1個と靴下2点という訳ですね。

(芳香剤は吐いた臭いを消すためか)

 

しかし、靴下は1点で間に合ったはずです。

 

調べに対し「お金を使いたくなかった。レジを探すうち、ばれないと思った」などとも供述しています。

 

このお金を使いたくなかった原因として、テレ朝ニュースによりますと「月5万円の小遣いを使いすぎて金を使いたくなかった」と話しているということです。

 

月5万円のお小遣いは妥当な線だと思うが

 

2017年サラリーマンのお小遣い調査によると、男性会社員の平均のお小遣いは約3万7千円となっています。

 

テレでよく新橋の駅前でお小遣いの調査をサラリーマンにしていますが、だいたい3〜4万円くらいです。

 

強者で1万5千円(1日500円)という人もいましたが、それなりに節約して暮らしていました。

 

月5万円が地域3課長のお小遣いとして多いかどうかと言われると、飲み会の時の傾斜配分があると少し辛いかも・・・というところです。

 

でも世間一般のサラーマンのお小遣いよりは多いので、妥当な線というところだと思います。

 

f:id:gbh06101:20181006215826p:plain

参照:FNNニュース

 

しかしお小遣いを使いすぎたという理由でお金をケチって、41歳で課長で警部というエリート人生を棒に振ってしまいました。

 

お小遣いをもう少しやればよかったと、奥様も後悔しているかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です