空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【悪魔のささやき】殺人犯が被害者を生き返らせるためにした「異常な行動」とは⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180218212800p:plain

 

要点をざっくり

  • 東京都中野区の劇団員・加賀谷理沙さん(当時25)の殺害事件の裁判が16日、東京地裁で開かれました。
  • 被告の無職・戸倉高広被告(38)は、殺人罪についての起訴事実を認めました。
  • しかし、わいせつ目的については「悪魔のせい」として否認しています。

「中野劇団員殺害事件」とは

 

2015年8月25日午前0時50分ごろ、戸倉高広被告(38)が東京都中野区の加賀谷理沙さん(当時25)の部屋に侵入し、加賀谷さんを押し倒したところ抵抗され、扇風機コードで首を絞め窒息死させたとされています。

 

事件当時、防犯カメラの解析を進めるなどした結果、捜査線上に戸倉被告が浮かび上がり、加賀谷さんの爪の中の微物などから検出された男のDNA型が、戸倉被告のものと一致しました。

 

逮捕の際、戸倉被告は「被害者を全く知らないし、殺してもいません」と容疑を否認しています。

 

加賀谷さんの遺体は、玄関奥に全裸の状態であおむけに倒れ、顔にタオルケットがかけられていました。

 

首にひもで絞められたような痕があり、死因は窒息死でマンションからは加賀谷さんのリュックサックや財布、布団カバーなど10数点がなくなっていました。

 

戸倉被告の驚くべき主張 

 

戸倉被告は、殺人の事実は認めましたが、強制わいせつ致死罪」については「わいせつ行為をしようとは思っていません」と否認しています。

 

弁護側は戸倉被告が当時、「解離性人格障害」などで合理的判断ができず幻覚、幻聴があったとして減刑を求めました。

 

戸倉被告は加賀谷さんとラインのID交換をしたくてマンションまで追いましたが、「悪魔だよ。倒さないとうつるよ」などの男の声が聞こえ、騒がれたため首を絞めたと主張。

さらに、殺害後、「嫌がることをすれば息を吹き返すと思い、胸のあたりを軽く舌で触れた」などと主張しています。

 

f:id:gbh06101:20180218213238j:plain

 

殺してた女性を全裸にして、乳房を舐める・・・悪魔の所業ですが、悪魔のせいではないと思います。

 

解離性人格障害とは

 

解離性障害というのは、よく知られているのは「多重人格障害」というもので、自分が自分であるという感覚が失われている状態のことです。

 

ある出来事の記憶がすっぽり抜け落ちていたり、現実感がない精神的状態です。

戸倉被告側は、当時この症状が出ていたため、自分がしていることを認識できない状態であったという主張をしているようです。

 

しかし、東京地検は鑑定留置の結果、刑事責任能力に問題がないと判断して起訴しています。

 

それに、犯行後、部屋のもの十数点や、盗聴器を仕掛けていたかもしれないリモコンも持ち出しています。

逆に、この殺人には、かなりの計画性があったのではないかとも見られています。

 

異常な変態性はありますが、それが「解離性人格障害」のためというのは、かなり苦しい言い訳ですね。