空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【スマホで簡単に稼げる】ブログのアフィリエイトを狙う「在宅ワーク詐欺」の甘い罠‼︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180224061353p:plain

 

要点をざっくり

  • 消費者庁は19日、「在宅ワーク」をうたい、ホームページ作成料などの名目で多額の金銭を支払わせていたとして、事業者2社を公表し注意を呼びかけました。
  • 被害総額は4400万円にのぼるということです。
  • 同庁が公表したのは、Social Net(ソーシャルネット)とSmart Plan(スマートプラン)の2社ですが、会社の実態はありません。

在宅ワーク詐欺の2社

 

今回、消費者庁が詐欺として公表したのは、Social Net(ソーシャルネット)Smart Plan(スマートプラン)の2社です。

 

今も、この2社と同名の会社のHPはありますが、この2社と同じかは分かりません。

(同名又は類似名の事業者と間違えないようご注意ください。と消費者庁でもいっています)

 

この2社以外にもネット上の詐欺師は多く、雲隠れしてしまったこの2社も、名前を変えて同じことを繰り返す可能性が高いです。

 

くれぐれも副業詐欺に騙されないよう、注意していただきたいと消費者庁は注意をうながしています。

 

巧妙な詐欺の手口

 

この2社の手口は、ウェブサイトで「手軽に在宅・副業!誰でも収入UP!」「特別なスキルは一切不要!」「報酬は即日入金可能!」などと宣伝し、希望者を募ります。

 

この2つの会社から連絡があった人は、キャッチコピーを考える研修を行い、その後「本採用になった」と連絡があります。

 

業者は、あたかもそのキャッチコピーに反響があったかのように見せかけて、在宅ワークを始める気にさせ、契約の段になると突然、ホームページ作成料などの名目で約50万円を請求するというものです。

 

さらに、アクセスが繋がりにくくなっている、ホームページを改良しなくてはならないなどと追加費用を請求していました。

それで、約500万円の追加費用を請求された人もいるそうです。

 

しかし、在宅ワークの報酬はほとんど支払われなかったとのことです。

 

f:id:gbh06101:20180224053111p:plain
f:id:gbh06101:20180224052930p:plain

出典:消費者庁HP

 

消費者庁や消費生活センターには、2016年から今年1月末までに90件の相談があり、被害額は4400万円にのぼるということです。

 

この手の行為で何か不審なところがある場合には、最寄りの消費生活相談窓口を案内する消費者ホットライン(局番なしの188)や、警察の相談窓口(#9110)に電話すると、いつでも相談に乗ってもらえます。

 

ブログのアフィリエイトを利用した詐欺が増えている

 

現在、このような「スマホで簡単にできる副業で儲かる」などの在宅ワーク詐欺が横行しています。

これは、ブログやメールマガジンの作成の勧誘など様々なものがあり、希望者にノウハウを教える講座や教材の名目で、高額な料金を何度も支払わせるというものです。

 

なんか聞いたことがあるような・・・・。

 

近年、特に多いのがブログの「アフィリエイト」を利用した詐欺です。

本来、アフィリエイトを始めるのにお金はかかりませんが、初心者に高額な登録料や教材費を請求する悪徳業者がいます。

 

初心者が簡単にブログ読者を集められるはずがないのですが、悪徳業者は「誰でも着実に稼げる」「月収月数十万円も夢じゃない」などど勧誘するそうです。

 

ブロガーのアフィリエイトの現実

 

実際にブログのアフィリエイトで月3万円以上稼いでいる人の割合は全体の2%ほどで、8割の人が月に1000円未満もしくは無収入だということです。

 

よくある東大で例えると、東大は学生の上位1%〜2%ですからそのくらいのパーセンテージです。

 

ブログを始めてすぐ稼げたという方もいますが、それはほんのごく一部の才能に恵まれた方たちです。

 

f:id:gbh06101:20180224060647p:plain 

先日、「ブログでアフィリエイトをやれば月5万円くらい稼げるけど、時間がなくてできない」と話している人がいました。

(私は、知らんぷりをしていましたが)

そんな、都市伝説が一人歩きしているようです。

 

そんなに簡単にブログでお金は稼げません。

一応、なんちゃってブロガーの私がいうのですから、間違いありません。

(・・・・・私も危ないところでした)

 

「アフィリエイト詐欺」の甘い罠には、簡単に乗ってはいけませんね。