空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【虐待から救われたペットのミニブタ】動物愛護団体から譲り受けた夫婦に食べられる⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180228060918p:plain

 

要点をざっくり

  • ハフポストによると、その知らせは、動物保護団体SPCAの職員たちを驚愕させました。
  • 自分たちが動物虐待から救ったペットのミニブタ・モリーを、引き取った夫婦が殺して食べてしまったという知らせを聞いたからです。
  • なぜ、この夫婦はミニブタ・モリーを食べてしまったんでしょう。

ミニブタ・モリーはなぜ食べられた  


モリーはベトナム・ポットベリー・ピッグという種類のミニブタです。

 

モリーも含めたミニブタたちは2017年夏、虐待を受けていたところをSPCA(動物虐待防止協会 に助けられ、デイヴィスさんら職員の看護のかいあって回復しました。

 

モリーの譲り受け先は「とてもいい家庭」のはずでした。

 

 

カナダのニュース番組「グローバル・ニュース」によると、モリーは1月の半ばにカナダ・バンクーバー島に住む夫婦に譲渡されました。

SPCAの職員は、モリーをとてもいい家庭に預けることができたと思ったということです。

 

しかし、それからわずか数週間後、モリーが食べられたことを示唆するFacebook投稿が発見されました。

その投稿によると、夫婦はミニブタをトレーニングして飼い育てるのは難しいと気付いたため、殺して食用にしたとのことでした。

 

 

「食用にしない」という契約者にサインしていた夫婦


このことを知った、SPCAは警察に連絡しました。
 
警察からは、その夫婦がモリーを殺して食べたことは確認できましたが、モリーが人道的な方法で殺されたため、刑事告発は無理だと伝えられたということです。

カナダではペットを殺しても罪に問われません。

モリーを譲りうけた夫婦は、「豚を食用にしない」とかかれた契約書にサインもしていました。

夫婦は、SPCAのブラックリストに記載され、今後同団体から動物を譲り受けられなくなります。
 

 

SPCAのデイヴィスさんは「モリーを育てられないと思ったのであれば、食べるのではなく返せばよかった。SPCAは喜んでモリーを引き受けた」と話しています。
 

この夫婦は、なぜモリーを食べてしまったのか本当に不思議です。
モリーはそれほど美味しそうに、育ってしまったのでしょうか。
 
 

ミニブタは知能も高い

 

ポットベリー・ピッグは知能指数が高くて人懐っこいため、ペットに向いているといわれています。

しかし、食事制限等しなければ、ミニブタとはいえ200キロを越すケースもあるとのことです。

 

 

 

賢くて頭もいいため、ペットとしてブームになっています。

豚は綺麗好きで、とても人懐こいんです。

 

SING/シング [DVD]

 

それを食べてしまうなんて。

おそらく、最初から食用目的で譲り受けたのではないかと私は思います。