空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【「コロコロコミック」発売中止】「やりすぎ!!イタズラくん」のやりすぎたイタズラが招いた国際問題⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180307064918p:plain

 

要点をざっくり

  • 小学館は6日、「コロコロコミック」3月号(2月15日発売)の販売を中止すると公式サイトで発表しました。
  • 問題となったのは、同号に掲載された『やりすぎ!!!イタズラくん』です。
  • 「コロコロコミック」の販売中止は1977年4月の創刊以来、41年の歴史で初めてだということです。

「コロコロコミック」販売中止のいきさつ

 

小学館は6日、モンゴルの英雄チンギス・ハーンの肖像に落書きする描写で騒動となった『コロコロコミック』3月号(2月15日発売)の販売を中止すると公式サイトで発表しました。

 

この漫画の主人公がチンギス・ハーンの肖像を見て、名前を解答する場面において肖像に男性器のような「落書き」が描きこまれるなどの表現がありました。

 

 

 これにモンゴル出身で元横綱の朝青龍氏が同22日に自身のツイッターで抗議し、駐日モンゴル大使館も23日に抗議文を発表。

 

在日モンゴル人らからも抗議が寄せられ、モンゴル大使館も日本外務省に抗議。

 

 

 

同社はモンゴルの臨時代理大使に、謝罪文を渡しています。

 

一部書店では、同号の取扱いを中止するなど騒動となっていました。

 

 

作者も小学館の公式HPで謝罪

 

「月刊コロコロコミック」(げっかんコロコロコミック)は、小学生向けの漫画のため、小学生の子供がいる家庭では購入しているところが多いと思います。

「ポケットモンスター」「星のカービイ」などの人気の漫画が掲載されています。

 

騒動により販売中止となった「月刊コロコロコミック」3月号

 

f:id:gbh06101:20180307060005p:plain

出典:スポーツ報知

 

作者も小学館の公式HPで謝罪しています。

 

やりすぎ!!! イタズラくん
 

 

f:id:gbh06101:20180307060921p:plain

 出典:小学館公式HP

 

公式サイトで販売中止を発表

 

公式サイトでは「『コロコロコミック』3月号については、販売中止とし、書店様にすみやかな返品をお願いすることといたしました」と対応を発表しました。

 

小学館広報室は「チンギス・ハーンを敬愛する方々にあらためて深くおわびし、書店での混乱を避けるため」と理由を説明しています。

 

3月号はすでに2月15日に発売しており、『「コロコロコミック」3月号をお買い上げいただいたお客様で返品を希望されるお客様に対しては、「定価相当」を返金いたします』と購入者の返品にも応じることとしています。

返品方法については詳細が決まり次第、サイト上で告知するとしています。

 

「やりすぎ‼︎イタズラくん」については表現に注意した上で、今後も掲載を続けていくということです。