空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【悪魔払い女】女児殺害で懲役9年‼︎マインドコントロールが生んだ悲劇⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180309195942p:plain

 

要点をざっくり

  • 前橋市のアパートで2011年、当時1歳4カ月の女児に暴行を加え死なせた女に懲役9年の判決が出ました。
  • その女とは、無職北爪順子被告(65)です。当時の職業は「悪魔払い」です。
  • 2011年年5月に、「お祓い」と称して、女児に暴行を繰り返していました。

悪魔払い「乳児殺害事件」の経緯

 

前橋市で平成23年5月、当時1歳4カ月の城田麻雛弥(ますみ)ちゃんが「悪魔払い」などと称し暴行され、死亡した事件で、傷害致死の罪に問われた中島順聖(せいしょう)こと無職の北爪順子被告(65)の裁判員裁判の判決公判が9日、前橋地裁で開かれ、懲役9年(求刑懲役12年)の判決が言い渡されました。

 

起訴状によりますと、北爪被告は11年5月2日午後5時ごろ、自宅アパートの部屋で、前橋市西片貝町、城田麻雛弥ちゃんの両脇を抱えて頭上に振り上げ「悪魔がいる」などと言って床に投げつける暴行を加え、4日後に急性硬膜下血腫などで死亡させたとしています。

 

具体的には、北爪被告は、麻雛弥ちゃんが生後間もないころから

『悪魔がついている!』『悪魔が出てこない!』
などと言い頭を床にぶつけたり、口の中に指を突っ込んだりしたということです。
そして、全身が痙攣した状態で病院に運ばれて亡くなったようです。

 一方の弁護側は、暴行について全面的に否定し無罪を主張。

麻雛弥ちゃんの母親が、虐待し死亡した可能性にも言及しています。

ここにいたって、まだ人のせいにするとは・・したたかですね。

 

関係者らによりますと、北爪被告は麻雛弥ちゃんの両親と知り合いでした。

北爪被告は、「中島順聖(せいしょう)」を名乗り、自宅アパートで病気や悩みの相談を受け、体を触るなどして金銭を得ていたということです。
 
偽霊媒師の典型的なやり方です。
 

これまで16回に及んだ公判前整理手続きで、弁護側は「北爪被告は当時現場に居合わせておらず、事件とは無関係」という趣旨の主張をし、起訴内容について全面的に争う姿勢を示していました。

 

麻雛弥ちゃんが死亡前に負った傷のカルテや画像を、医学的見地から医師が証言し今回有罪の判決となりました。

 

北爪容疑者とは

 

北爪容疑者は家族とともにアパートを2室借り、そのうち一室で「悪魔払い」をしていました。

 

家族も北爪容疑者を「先生」と呼び、来訪者を案内する姿が目撃されていました。

 

f:id:gbh06101:20180309201726j:plain

 イメージ図です

 

訪れるのは、子供連れで、30~50代の女性が多かったようですが、成人男性が来訪する姿も目撃されており、「悪魔払い」の対象は子供だけではなかったようです。

アパートの部屋からは、大音量の音楽が漏れてくることも多く、

宗教的な人とは思っていた奉仕している、というような雰囲気もあった」と近所に住んでいる女性は語っています。

 

北爪容疑者にすがる「信者」らが通う部屋には祭壇があり、祈祷(きとう)などが行われていたことも確認されています。

 

マインドコントロールが生んだ悲劇

 

警察は、2017年2月、この北爪順子被告を逮捕しています。

事件からすでに6年が経過していました。

 

 

当時、麻雛弥ちゃんは末っ子で、姉(当時15)と兄(当時13)がおり、母親(当時43)が北爪容疑者に傾倒する中、北爪容疑者のもとに麻雛弥ちゃんを連れて行くようになったということです。

 

おそらく、母親に麻雛弥ちゃんに「悪魔が憑いている」などといって、不安を煽ったのではないかと思われます。

 

北爪容疑者と母親が出会った経緯は不明ですが、母親は麻雛弥ちゃんの生まれる約1年前から父親(当時42)とともに北爪容疑者宅へ通うようになりました。

 

関係者によると、北爪容疑者宅を訪問する際、決まって焦げ茶色の和服を着ていたという。

北爪容疑者の和服姿も度々目撃されています。

これは、北爪容疑者の指示なのでしょうか。

 

麻雛弥ちゃんの死亡直後、北爪容疑者に心酔していた母親は周囲に「事故に遭った」「転んだ」などとかばう発言を繰り返していました。

 

当時、母親は親しい人ともコミュニケーションが少なく「完全にマインドコントロールされていた」と振り返る人もいます。

 

遺族は「真実を明らかに」

 

この裁判が始まる時に、麻雛弥ちゃんの父親が弁護人を通じてコメントを出しています。

 

「裁判が始まることに安堵(あんど)しています。事件から7年もの長い間、私は娘を守ってやれなかったという思いに苦しめられてきました。被告には家族もバラバラにされました。私たち遺族にとっては、事件はまだ終わっていないのです。今回の裁判で真実が明らかになることを願っています」

と苦しい胸の内を明かしていました。

 

この事件で、家族もみんなバラバラになったようです。

 

許せませんね、この偽霊媒師。