空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【泰葉「自己破産」はまた嘘】実家に借金を断られていた‼︎「林家九蔵襲名問題」に便乗して提訴か⁉︎

スポンサードリンク

 

f:id:gbh06101:20180311192738p:plain

 

要点をざっくり

  • 日刊ゲンダイdigitalが泰葉の近況を取材しています。
  • 日刊ゲンダイの電話取材によると、泰葉の自己破産はまた「嘘」だっだようです。
  • そして、林家九蔵の襲名をめぐるトラブルの記事が的をえたようで、久々にメディアに取り上げられています。

林家が「林家九蔵襲名問題」でバッシング

 

9日、落語の林家一門を束ねる海老名香葉子さん(84)が東京大空襲犠牲者を追悼する「時忘れじの集い」を開催しました。

 

泰葉さんが、この場を借りて香葉子さんが自分への虐待を謝罪しない場合「提訴」するといっていたイベントです。

 

しかし、そこに報道陣がたくさん集まったのは、泰葉さんのブログでの謝罪の件ではなく、三遊亭好楽の弟子三遊亭好の助「林家九蔵」襲名をめぐる、落語界のゴタゴタした問題のためでした。

 

 

泰葉さん、やはり出身が落語家の家ということと、この母親との対立から「林家九蔵襲名問題」についてブログで書いたところ、それがたまたま今回の落語会の騒動と重なったようです。

その後、自分への虐待記事を削除し、都合よく林家攻撃に加わりました。

 

 林家九蔵襲名問題の背景

 

三遊亭好楽は、最初、八代目・林家正蔵に入門し、「林家九蔵」を名乗っていました。

 

その後、八代目が亡くなり、九蔵は三遊亭円楽の門下に移り「三遊亭好楽」に改名。

円楽が、落語協会を飛び出した際には、行動を共にしました。

 

 

落語家の名前って、歴史があるだけに複雑ですね。

九代目・林家正蔵(泰葉弟)がこの「林家九蔵」襲名を問題視し、三遊亭が林家名跡を襲名することについて反対。

 

母である海老名香葉子さんが名前を継がさないことを「三遊亭好楽」に伝え、「九蔵」襲名が後2ヶ月を切った時点で白紙に戻りました。

 

落語会とは直接関係のない、海老名香葉子さんがでてきたこともあり、この件はマスコミからかなりバッシングされています。

 

そして、泰葉さんは週刊女性プライムの『林家九蔵襲名騒動にあの泰葉が正論』という記事に有頂天です。

 

 結局自己破産していなかった

 

泰葉さんは、ブログの間が開いた後、「自己破産した」といっていたので、さすがに二度も三度も「自己破産した」と「うそ」を公式ブログに書かないだろと思っていた私が浅はかでした。

 

  今回の、「自己破産」が得意の「虚言」であったことが「日刊ゲンダイdigital」の電話取材で判明しました。

 

『記者:自己破産したというのは本当ですか。

泰葉:「仕事がなく、所持金が1000円になり、車上生活をするまでになってしまったんです。ただ、いろんな方から自己破産はやめたほうがいいと言われて、結局、踏みとどまりました2月19日に根岸の実家にお金を借りようと思って行ったんですけどダメでした。何度もインターホンを押したんですけど、なんの応答もなくて……」』

 

出典:日刊ゲンダイdigital

 

やっぱり、実家にも姉にもお金を借りにいっていたんですね。

それを断られたため、実家を攻撃し、提訴して賠償金をとるというお金がらみの話を、この襲名問題に便乗し正当化しています。

 

 

ブログでは「自己破産」のまま話が進んでいますが。

 

 今、どこで何をしているのか

 

記者は「今、どこで、何をしているのでしょう。」という最大の疑問を投げかけています。

 

それに対する泰葉さんの回答は「詳しい場所は言えないのですが、山梨の方でトゥルーと2人で暮らしています。」と回答しています。

 

詳しいことを言えない・・・というのは、債権者から逃げているからではないのでしょうか。

しかし、泰葉さんは債権者はみんな(場所を)知っており、逃げているわけではないと語っています。

 

しかし、これも電話インタビューのため、ちゃっかり都内のホテルにでもいる可能性があります。

 

「自己破産」の話が一向に進まず、今まで通り活動しているので、不思議に思っていた泰葉さんの「自己破産」がまた虚言であることが分かり、私は「林家九蔵襲名問題」よりも、驚いています。

 

日刊ゲンダイdigitalの記者は最後に妙な問題に首を突っ込んでいないで、早く婚約者が待つイランに行ったらどうか。』と記事を結んでいます。

 

私も全く同感です。