空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【函館地裁】判決を聞いた被告と父親が法廷で大暴れ‼︎ブチギレた理由⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180629195835p:plain

要点をざっくり

  • 6月28日、北海道・函館地裁で判決を受けた21歳の男とその父親が法廷内で暴れ逮捕されました。
  • 公務執行妨害の現行犯で逮捕されたのは、函館市の大学生・土井瑞樹容疑者(21)と父親の一也容疑者(51)です。
  • 瑞樹容疑者は昨年11月、別の事件で起訴され、この日の公判で懲役5年6カ月の判決を言い渡された直後でした。

親子で裁判所内で暴行

 

28日午後1時45分ごろ、函館市上新川町の函館地裁の法廷内で、判決公判中に被告の男が検察官事務取扱副検事(52)に椅子を投げつけ、傍聴席にいた男の父親も副検事の胸ぐらをつかみ、2人は傍聴していた警察官に取り押さえられました。

 

函館西署は公務執行妨害の疑いで、函館市船見町、大学生土井瑞樹容疑者(21)と父の一也容疑者(51)を現行犯逮捕しました。

 

f:id:gbh06101:20180629200059j:plain

 

副検事にけがはありませんでした。

 

息子は懲役5年6ヶ月

 

逮捕容疑は、公判で判決文が読み上げられた直後、土井容疑者は証人席の椅子を副検事に投げつけ、一也容疑者は傍聴席から仕切りを乗り越えて副検事の胸ぐらをつかむ暴行を加え、共に副検事の職務を妨害した疑いです。

 

土井容疑者は昨年11月、強制性交等の罪で起訴され、この日の公判で懲役5年6カ月の判決を言い渡されました。

 

警察は、親子が判決内容に不服を感じ、犯行に及んだとみて詳しく調べています。

 

しかし、すぐにカッとなるところは、さすがに親子というところでしょうか。

 

無職の父親も逮捕

 

今日の北海道警察の「昨日の事件」という欄に

 

9 公務執行妨害被疑者の逮捕(函館西署)

函館西署は28日、函館市内の公務所において、50歳代男性公務員の身体をつかんで職務の執行を妨害した無職の男(51歳)を公務執行妨害で逮捕した。 

出典:北海道警察HP

 

とあります。 

 

父親は無職だったようです。

 

そうすると、暴れて逮捕されても失うものは何もないということでしょうか。

 

土井瑞樹容疑者の罪は、「強制性行罪」と卑劣な犯罪ですが、被害者に対する謝罪の気持ちとかもないのでしょう。

 

気になるのは、この瑞樹容疑者の元々の犯行がネット上のどこにも出てこないことです。

 

普通、どこかにネットの垢はあるはずなのですが、まるで見つかりません。

(本人かどうか不明のフェイスブックだけです)

 

この親子が切れたのは、「刑期の長さ」についてでしょうか、それとも「無罪」を主張してのことでしょうか。

 

どちらにしても、恐ろしく気が短く乱暴なのは確かです。

 

反論があるのなら、きちんと控訴をして裁判で再度争えばいいことです。

 

さらに罪を重ねたことで、瑞樹容疑者の刑期が伸びるかは不明ですが、控訴しても裁判官の心証が悪くなることは間違いありません。