空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【松本死刑囚】新たに発覚した女性信者殺害事件‼︎上祐氏ひた隠しの謎⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180706095902j:plain

要点をざっくり

  • 週刊新潮で、オウム真理教の教祖時代の松本智津夫死刑囚の新たな殺人について報じています。
  • すでに時効になっていますが、松本死刑囚が直接手を下したと思われる事件が判明しました。
  • その殺害事件のあった部屋には、上祐氏の姿もあったということです。

松本死刑囚が女性信者を殺害

 

オウム真理教の設立初期に、松本死刑囚が27歳の女性信者Yさんと金銭トラブルになり、松本死刑囚が直接手を下した隠れた事件を週刊新潮が報じています。

 

その隠れた殺人事件は、昨年の秋頃に新実智光死刑囚がその事件を告白したことから判明しました。

 

一連のオウム事件の被害者は、8件で計28人の犠牲者がでています。

 

この女性信者殺害事件は、この28人のなかには入っていません。

 

松本死刑囚が、直接女性信者の首を絞めて殺したというのは、初めて判明した事件です。

 

殺人事件の現場には上祐氏が

 

新実死刑囚の証言によれば、女性信者Yさんは、松本死刑囚の部屋に呼び出され、新実死刑囚と中川智正が手足をおさえて松本死刑囚がYさんの首を絞め殺したとのことです。

 

その場には、故人となった村井秀夫、女性幹部、それに上祐氏がいたというのです。

 

f:id:gbh06101:20180612062232p:plain

参照 ANNニュース

 

自らの手を汚さず、信者に犯行をさせていたとされる松本死刑囚が、自ら手を下して信者を殺していたとしたら、松本死刑囚が主張していた「信者が勝手に暴走して」という証言も覆ります。

 

今、真実を知っているのは上祐氏だけということになります。

 

女性信者Yさんとは 

 

この女性信者のYさんとは、吉田英子さんという当時27歳の信者です。

 

1963年生まれで、ホーリーネームがタントラインドラーニ、本籍地は大阪です。

 

両親は既に他界しており、失踪宣言が出されているので既に死亡した扱いになっています。

 

生前両親が、オウム真理教に所在を聞いた時には、トラブルを起こして出て行ったと言われたそうです。

 

1990年か1991年に富士山総本部で経理を担当しており、この吉田さんが教団のお金を横領したということで、松本死刑囚の部屋に呼び出され、問い詰められ、結果松本死刑囚がポアするという判断をくだしたというのです。

 

上祐氏が語る女性信者殺害

 

上祐氏に週刊新潮がこの事件について聞いても、調べてみますなどと、最初はとぼけていたようです。

 

次に、新潮側に対して、上祐氏はこの女性信者殺害の現場にいたと証言。

 

しかし、新実死刑囚の語ったこととは違い、新実死刑囚が女性信者を取り押さえ、中川が注射器で吉田さんを殺害したと新潮側に説明しています。

 

そして松本死刑囚は、その様子を、ソファに座って見ていたと語りました。

 

その時に、松本死刑囚は吉田さんが魔女だったと語ったそうです。

 

 この2人の説明の違いは何を意味しているのでしょう。

 

上祐氏は、恐怖と不安で今まで語れなかったと話しています。

 

しかし、上祐氏の証言で、時効が成立しているとはいえ、新たなオウム真理教の凶行が明らかになりました。