空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【熱中症】生活保護受給の60代女性死亡‼︎電気を止められていた⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180801064050p:plain

 

要点をざっくり

  • 札幌で生活保護受給者の60代の女性が、熱中症で亡くなりました。
  • 女性は1人で、共同住宅で暮らしていました。
  • 部屋にはクーラーと扇風機がありましたが、電気を止められていたことが判明しています。

札幌西区で60代女性が熱中症で死亡 

 

29日、札幌市西区のアパートで1人暮らしの60代の女性が倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。

 

住宅内の別の女性が29日11時半頃、「最近姿を見ない」と110番通報し、通報を受けて駆けつけた警察官が倒れている女性を発見。

 

女性は病院に搬送されましたが、その後死亡が確認され、警察が死因を詳しく調べたところ、『熱中症』によって29日の午前に死亡したことがわかりました。

 

女性には激しい脱水の症状が見られたということです。

 

女性は電気を止められていた

 

この亡くなった女性は、札幌市西区琴似の5階建てのアパートの4階の部屋で1人で暮らしていた生活保護受給者とのことです。

 

部屋にはクーラーや扇風機はありましたが、料金を滞納していたため電気を止められていて使えない状態だったことが判明しました。


気象台によりますと、札幌市では29日は最高気温が前日より2度4分高い31度まで上がり、真夏日となっていました。

 

f:id:gbh06101:20180801064144j:plain

 

また最低気温も24.8度と、過去50年間で最高となっています。

 

道内では31日朝に、旭川に住む一人暮らしの79歳の女性が亡くなりました。

 

この女性はドアも窓も締め切った状態だったとのことで、熱中症で亡くなった可能性が高いとして現在警察が調査しています。

 

生活保護費で電気代が払えない?

 

札幌市の生活保護費を調べると、およそ7万6000円と住居費です。

 

亡くなった女性の場合は、共同住宅に住んでいたので、住居費は年収に比例しているはずですから、生活費として7万円超のお金が生活保護費として支給されたいたと思われます。

 

これは、国民年金を満額受け取った場合の、1人1カ月約6万4000円よりも高い金額です。

 

また、電気は支払い期日が過ぎても、50〜70日くらいは止まりません。

 

通常であれば、公共料金を払える金額を、生活保護費として支給されています。

 

おそらく2ヶ月くらい動けない状態だったのでは

 

電気が止まると、共同住宅などでは水を組み上げるのに電気を使うので、水も止まる可能性があります。

 

私も同じ札幌に住んでいますが、寝室にはエアコンはなく、窓を開けて寝ています。

 

北海道では、家にいて水分を補給していれば、エアコンがなくても熱中症になることは考えずらいです。

 

おそらく、この亡くなった女性は、2ヶ月近くほとんど動けない状態ではなかったのかと思われます。

 

そのため、窓も開けられず電気代も払いにいけなかったのではないかと推測されます。

 

また、電気が止められていれば、ケースワーカーが訪問した際に何らかの手をうつはずです。

 

健康で文化的な最低限度の生活 1 (ビッグコミックス)

 

ケースワーカーを責めているわけではありませんが、この亡くなった女性の家を訪問したのはいつだったのでしょう。

 

現在、ケースワーカー不足が深刻になっているとされており、早急に対処しないとこれからも同じように、生活保護受給者が亡くなることが懸念されます。