空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【相双リテック】今度は放射性廃棄物を不法投棄‼︎清水建設に電話取材⁉︎

スポンサードリンク

 

f:id:gbh06101:20180801221645p:plain

 

要点をざっくり

  • 先日記事にした、清水建設の下請け会社である(株)相双リテックが、今度は福島県の除染で出た廃棄物を不法投棄していたことが判明しました。
  • (株)相双リテックは、不法に得た除染作業の利益のうち、43億円を7人の役員に役員報酬として支払っていました。
  • 週刊新潮の取材に対して、今年の3月に清水建設(株)が「相双リテックへの発注を今後取りやめる」と回答しています。

相双リテックが放射性物質を不法投棄

 

 FNNの取材で、福島第1原発事故を受けた国の除染事業を請け負う大手ゼネコン・清水建設の下請け企業の(株)相双リテックの作業員が、福島県の除染で出た廃棄物を指定外の土地に埋めて、不正に捨てていたことが判明しました。


環境省は調査を始めており、警察も捜査に乗り出したとのことです。

福島第1原発から5kmにある福島・大熊町の帰還困難区域。

 

家屋の除染解体工事が続いています。

茶色い土が見える、これらの土地で、相双リテックの作業員が、解体で出た廃棄物の一部を指定の仮置き場に運ばず、そのまま近くの地中に埋めていたというのです。

 

f:id:gbh06101:20180801201358p:plain

参照:FNNニュース

 

この会社の体質からいくと、お金を儲けるためにこのくらいのことはすると思われます。

 

 

廃棄物には放射性物質が


この、不正投棄に関わった作業員は、ボードの残骸や断熱材のゴミを指定外の土地に埋めていたと証言しています。

 

そして、「それらには放射性物質はついていると思う」とも語っています。

 

f:id:gbh06101:20180801202107p:plain

参照:FNNニュース

 

なぜ、仮置き場まで運ばず、除染廃棄物を不法投棄したかというと、『人手と労力がかかる』ため、それをケチったということです。

 

f:id:gbh06101:20180801202357p:plain

参照:FNNニュース

 

このままでは、いつまでたっても福島は元に戻りません。

 

この会社の役員に数億円の報酬を税金で支払って、日本をさらに汚染している犯人は誰なのでしょう。

 

「相双リテック」儲けのカラクリ

 

この相双リテックは、どのようにしてこの多額の利益を出していたのでしょう。

 

f:id:gbh06101:20180801203400p:plain

参照:FNNニュース

 

清水建設から、下請けとし除染作業を請け負い、年間105億円の売り上げをあげ、そのうち43億円を7人の役員で山分けしていました。

 

これは、トヨタの役員全員の役員報酬よりも高い金額です。

 

相双リテックは、清水建設の執行役員の実家の除雪を無料で行ったりして、清水建設に取り入り、必要額以上の除染費用を手に入れました。

 

全て我々の税金です。

 

清水建設の広報課に電話しました

 

清水建設の代表に電話をして、名前を名乗り用件を伝えました。

 

ちなみに、清水建設は、現在リニアモーターカーの談合で裁判中です。

 

誰も電話に出てこない可能性もあるなと思いましたが、意外にも広報部の方が電話に出られお話ししました。

 

:3月で契約を解除するといっていた「相双リテック」の件です。

放射性物質を不法投棄していたようですが、まだ、取引をしているのですか?

 

清水建設:あのテレビの放送は、うちが取引停止をする前のことです。今は全く取引していません。

 

:そうですか・・。現在は取引をしていないのですね。分かりました、ありがとうございます。

 

と電話を切りました。

 

どれだけ前から、相双リテックは不法投棄を行っていたのでしょう。

 

相双リテックにも話を聞こうと思い、2度電話しましたが、2度ともコールのみでした。

 

あまりに苦情の電話が多くて、電話回線を切ったのかもしれません。

 

 

野球狂いの「塚本会長」

 

相双リテックの塚本泰英会長は大の野球ファンで、自分の会社に野球チームをもち、元ヤクルトの監督の真中氏とも親交がありました。

 

f:id:gbh06101:20180801213020p:plain

 

9月29日、塚本泰英代表取締役会長が本学を訪れ、野球部代表に目録が手渡されました。

*白髪の男性の方です。

 

参照:東日本国際大学硬式野球部の公式Twitter

 

真中氏に総額で1000万円はくだらない、高額な腕時計を贈っています。

 

また、福島県総合体育大会軟式野球成年男子最終日では6月23日、いわき市のいわきグリーンスタジアムで準決勝と決勝が行われ、相双リテックが優勝しています。

 

それでも飽き足らず、相双リテックはヤクルトのスポンサーをしています。

 

有名な大企業の中に、ほとんど名前が知られていない会社がスポンサーになっています。

 

ヤクルトスワローズ オフィシャルスポンサー

 

f:id:gbh06101:20180801210938p:plain

 

『相双リテックナイター』というのも、開催しています。

 

f:id:gbh06101:20180801211147p:plain

参照:ヤクルトスワローズHP

 

地方都市の、一除染業者ができることとは思えません。

 

今までどれだけ、除染作業を食いものにしてきたのでしょう。

 

もうすぐ逮捕される可能性が

 

福島県警は、放射性物質対処法違反の疑いがあるとみて、環境省と合同で、これまでに数カ所の土地を掘り起こし、地中から廃棄物を発見、押収して分析を行っています。

県警はまた、解体工事に関わった作業員らから事情聴取するなど、捜査を進めているところです。

この不正投棄問題について、除染事業を所管する環境省は、取材に対し、「廃棄物を地中に埋めた疑いを把握し、調査している」とコメントしています。

 

さすがに、国もこれほどの不正を黙って見逃すことはしないでしょう。

 

早く、相双リテックの会長と役員を逮捕して欲しいと思います。