空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【紀州のドン・ファン】『遺言状』見つかる‼︎新たな相続バトル勃発か⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180808093629p:plain

 

要点をざっくり

  • 週刊文春が、「紀州のドン・ファン」こと野崎幸助氏(享年77)の遺言状が見つかったと報じました。
  • 内容は、なんと財産を全額、故郷の「田辺市」に寄付するというものです。
  • 野崎氏を殺害した犯人が見つからないなか、新たに「お金」に関するバトルが勃発しそうです。

野崎氏の『遺言状』が見つかる

 

今年5月24日に急性覚醒剤中毒で死亡した「紀州のドンファン」こと野崎幸助氏(享年77)が、「遺言状」を残していたことが「週刊文春」の取材で判明しました。

 

f:id:gbh06101:20180808092939p:plain

参照:文春オンライン

 

2013年に野崎氏が直筆で記した文面には、自身と会社の全財産を故郷の田辺市に寄付すると綴られているということです。

 

「遺言状は首都圏のある関係先に託されていた。野崎氏本人の署名と捺印もしっかりとなされています。これから裁判所で遺言を確実に証拠保全するための『検認』手続きをすることになります」(野崎氏の知人)

紀州のドンファンが「遺言状」を残していた | 文春オンライン

文春オンラインより引用

 

この遺言状が認められれば、財産相続の額が大きく変わります。

 

中には「0」になる相続人も出てきます。

 

『遺言状』の内容

 

この『遺言状』はA4用紙に、<いごん>とひらがなで書かれ、

 

「私、野崎幸助は・・・自信と会社の全財産を田辺市に寄付する」旨が明確に書かれているということです。

 

日付は2013年某日。

 

これは、『自筆証書遺言』になります。

 

今まで存在しないとされていた、『遺言状』が見つかったのが7月下旬です。

 

これが有効と認められれば、財産相続の分配が大きく変わります。

 

 

妻の相続分は当初の約半分

 

この遺言状が有効と認められても、法律上は相続人に最低限の遺産の取り分である『遺留分』が相続されます。

 

そうすると

 

妻の相続割合  3/4  →     3/8

 

兄弟姉妹    1/4   →     0

 

家政婦     0

 

遺言状には、家政婦が主張している4000万円の相続は書いていませんでした。

  

すでに亡くなっていますが、愛犬イブへの相続についても触れられていなかったということです。

 

それでも妻には数十億というお金が入りますが、もともと貰えるはずのお金が億単位で減るのには我慢できないでしょう。

 

また、家政婦も相続できるお金が「0」というのでは、納得しないと思われます。

 

これから始まる「遺産相続バトル」

 

この遺言状については、8月中に相続人の妻に通知される予定とのことです。

 

これを妻が、すんなり受け取るとも思われず、また疎遠になっているとはいえ兄弟姉妹、またあの家政婦が億をめぐるお金ですから黙っているとは思えません。

 

f:id:gbh06101:20180808093831j:plain

 

現在、妻は遺産相続については弁護士に任せ、和歌山の野崎氏の自宅に1人で暮らしているようです。

 

また、家政婦はマスコミを避けるために、知人の家に身を寄せているとされています。

 

この家政婦は、一部のマスコミではアメリカにいたとも語っており、また野崎氏の自宅を「ドン・ファン記念館」にしてそこで喫茶店をしたいとも語っています。

 

私は自分の相続分が0だと知ったこの家政婦の動きが、現在行き詰まっている事件を解決する「鍵」になるような気がします。