空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【岩手80歳女性殺人】74歳犯人の変態ラブレター‼︎ゾッとする中身⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180905062301p:plain

 

要点をざっくり

  • 一関市南十軒街に住む無職・及川 ヨシコさん(享年80)が殺害された事件で、逮捕・送検された佐藤仁一容疑者(74)。
  • この佐藤容疑者が刑務所から及川さんに送っていたラブレター。
  • その内容がぞっとするほど気持ち悪い、変態性に満ちたものだったのです。

一人暮らしの80歳の女性が殺害される

 

殺害されたのは、岩手県一関市南十軒街のアパート経営者及川ヨシコさん(享年80)。

 

f:id:gbh06101:20180904214209p:plain

参照:NNNニュース 

 

犯人の佐藤仁一容疑者(74)は、15~16日ごろ、及川さん宅で、及川さんの首や胸など十数カ所を刃物のようなもので刺し、失血死させた疑いが持たれています。

 

f:id:gbh06101:20180904214318p:plain

参照:NNNニュース 

 

週刊女性によると、佐藤容疑者が及川さんの敷地内にあるアパートに入居したのは2014年8月のことでした。

 

しかし、その2ヶ月後の10月に、「窃盗罪」で収監されたとのことです。

 

収監中のため、家賃を払えないにも関わらず、佐藤容疑者は獄中から及川さんにラブレターを送っていたというのです。

 

ラブレターの内容

 

当初、「わいせつな手紙」を送っていたと報道されていましたが、その詳しい内容を週刊女性が報じています。

 

そのラブレターは誤字だらけで、内容はこの佐藤容疑者の性格を表しているかのように「変態性」に満ちたものでした。

 

週刊女性の記事から抜粋すると、

 

「いつだてどんな遠く離れたいても決してヨシコのことは忘れないよ ヨシコのこと大好きになってしまったから今更あきらめるなんて決して出来ないことだよ」

 

「ヨシコの心ろを性感体マッサージでほぐしてあげたいしね すごくヨシコのこと愛してるから一緒にいたら性感体マッサージをしてあげるよ」

 

「ヨシコのことをだいてやりたいから ほしいからヨシコのことが 優しく抱いてやりたいヨシコのことを(中略)必ず帰たらヨシコの性感マッサージしてあげるよ ね ヨシコ忘れないでね ク●ニ●グもしてあげるよ」

 

さらには、もっとわいせつな内容も・・・。

 

かなりの変態性を帯びています。

 

これが70歳を過ぎた男性が80歳近い女性に送るラブレターとは。

 

刑務所に長くいたため、人間としての品性が退化したとしか考えられません。

 

佐藤容疑者が再度逮捕される

 

佐藤容疑者は2016年6月に出所しましたが、3ヶ月後の9月にはまた、再度「窃盗」の罪で逮捕されました。

 

f:id:gbh06101:20180905060935p:plain

 参照:NNNニュース

 

及川さんは、佐藤容疑者がいつまでたっても家賃も払わず、退去手続きを取らないために同年10月に提訴。

 

これらの手紙も証拠として裁判所に提出されました。

 

盛岡地裁一関支部は17年2月、及川さんの主張を全面的に認める判決を言い渡し、翌3月に、佐藤容疑者の家財を処分する「強制代執行」が行われました。

 

及川さんは長年の苦労を『生き地獄のようだ』と知人に話していたということです。

 

また、及川さんは、佐藤容疑者が今年の6月ごろに出所するということで、かなり心配していたようです。

 

その悪い予感が的中しました。

 

f:id:gbh06101:20180905063619p:plain

参照:IBCテレビ

 

及川さんは、自宅で佐藤容疑者に首や胸などを十数箇所刺され、失血死しました。

 

腕などには防御創があったということです。

 

佐藤容疑者は容疑を認めておらず、凶器はまだ見つかっていません。

 

 

今年8月から別のアパートで生活を始めた佐藤容疑者

 

今年の8月から佐藤容疑者は、及川さんのアパートから約150メートル離れた別のアパートで生活を始めています。

 

近所の人の話によると、佐藤容疑者は「挙動不審」な様子で自転車に乗って麻生財務相が被っているようなつばの広い帽子を被り、うろうろしていたとのことです。

 

佐藤容疑者はとにかくお金がなかった様子で、何か盗むものを、物色していたようです。

 

74歳で無職で窃盗を繰り返し、刑務所を出たり入ったり。

 

最後は一方的に好意を抱いた及川さんを殺害。

 

こんな身勝手な男には、2度と娑婆の空気を吸わせたくないですね。