空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【ダル義兄KID追悼】愛してます‼︎KIDがみんなに愛される理由⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180919134241p:plain

 

f:id:gbh06101:20180918211626p:plain

  • 18日に胃がんで死去した総合格闘家の山本“KID”徳郁さん(享年41)の義理の弟のダルビッシュ有投手(32)が、自身のブログを更新。
  • KIDさんへの思いを、「愛してます^_^」とブログの最後を結んでいます。
  • そのブログの中には、山本“KID”徳郁さん(享年41)の隠された人柄が書かれていました。

最初のタルビッシュとの出会い

 

18日に死去した総合格闘家の山本“KID”徳郁さん(享年41)の義理の弟で、大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手(32)が自身のブログを更新。 

 

f:id:gbh06101:20180919130746p:plain

参照:スポーツ報知

 

KIDさんとの最初の「出会い」を回想しています。 

 

ダルビッシュの奥さんは、KIDさんの妹でレスリング選手の聖子さん(38)です。

 

最初のファーストコンタクト(この前は簡単なあいさつのみ)で、KIDさんにかけられた言葉は、

 

「お久しぶりです。聖子と仲良くしてもらってる事聞きました。あの子真面目なんで。手出すの辞めてもらっていいかな?ごめんね。俺の家族なんで。」

 ダルビッシュ有オフィシャルブログから引用 

 

かなり怖い人ってイメージですが。

 

KIDは温厚で物腰の柔らかい「いい人   」

 

さすがにダルビッシュ選手です。

 

このKIDさんに対して、きちんと負けずに言葉を返しています。

 

2014年10月ぐらいかな。
 
自分も引き下がってはあかんと、
「お疲れ様です!
聖子さんとは仲良くさせて貰っています。
自分としては今、凄く大事な人という位置づけであり、真面目に考えてます。」
 
と返したら一気に打ち解けて、すぐに仲良くなりました。

 ダルビッシュ有オフィシャルブログから引用

 
またKIDさんの性格についも
 
でも会ってみたら、こんなに自分が凄いことわかってない人いるのか? こんなに物腰柔らかく温厚な人いるのか?と驚きました。
 ダルビッシュ有オフィシャルブログから引用
 
 

f:id:gbh06101:20180919131219p:plain

 参照:スポーツ報知
 

私は昔から、KIDさんのファンですがプライベートを知る由もなく、結構ヤンチャなイメージを持っていました。

 

しかし、ダルビッシュ選手が他に見たこともないというほど、温厚で物腰が柔らかかったことは知りませんでした。

 

ダルビッシュ選手が一生忘れないという言葉

 

ダルビッシュ選手が、6月の終わりにKIDさんとメッセージをやりとりした時にKIDさんに言われた言葉を一生忘れないとしています。
 
 
「普段あんま恥ずかしくて話せないけど。
マジで大好きだよ。心から愛してるよ。

ダルビッシュ有オフィシャルブログから引用

 

さすがのダルビッシュ選手も、恥ずかしくて5分くらいは動揺したとのことです。

 

男が男に「愛してるよ」とはなかなか言えません。

 

それも、KIDさんはかなりシャイな性格だったそうです。

 

でも、こんなセリフを言えるなんて、かっこいいですね。 

 

最後にダルビッシュ選手も愛してると

 

そしてブログの最後は、ダルビッシュ選手も「愛してます」といって結ばれています。

 
そしてKIDさん、本当にありがとうございました!
また会いましょう!
 
愛してます^_^

ダルビッシュ有オフィシャルブログから引用

 

義弟から兄への最大の尊敬の念ですね。

 

最後まで、愛されて亡くなったKIDさんは幸せだったと思います。

 

私が一番心に残ったシーン

 

私がKIDさんの試合で、一番心に残った試合は、2006年5月3日に行われた「HERO'S」の、山本"KID"徳郁選手 vs 宮田和幸選手の戦いです。

 

宮田和幸選手は、シドニー五輪レスリングの日本代表でした。

 

試合が始まり、KID選手が宮田選手に何の気なしに真っ直ぐに近づいていきます。

 

そしていきなり宮田選手の顔までジャンプしたと思ったら、宮田選手がダウンしていました。

 

この間約4秒。

 

 

f:id:gbh06101:20180919090625p:plain

参照:HERO'S

 

この時に、膝蹴りが2発入っています。

 

宮田選手は、これで顎を骨折し入院しました。

 

後にも先にも、これほどの天才的格闘家は出ないのではないでしょうか。

 

本当に格闘技ファンとして、残念でなりません。