空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【今井絵理子】橋本元市議との交際を公言‼︎新潮にブログで5つの反論⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20181003171119p:plain

 

要点をざっくり

  • 9月30日に投開票が行われた沖縄県知事選の戦犯ともいわれている、略奪不倫で表舞台に出にくくなった今井絵理子参議院議員(35)。
  • 橋本元市議は、政務費の横領で懲役1年6ヶ月の求刑が出せれ現在判決を待つ身です。
  • 週刊新潮が、2人は事件発覚後も付き合っていたと報じ、それに対して今井絵理子議員がブログで反論しました。

今井絵理子参議院議員と橋本市議はやはり交際継続中

 

「ハシケン」こと、神戸市議会議員だった橋本健氏(38)と今井議員の関係を週刊新潮が昨年7月に報じました。

 

f:id:gbh06101:20181003181934p:plain

参照:フライデー

 

その翌月、橋本氏は政務活動費不正受給が公となり、議員の職を追われることに。

 

現在は詐欺罪で起訴され、懲役1年6ヶ月の求刑がでて判決を待つ身です。

 

自分の歯科医院を細々とやっているとのことです。

 

また私生活では、2人の子をもうけた妻との離婚が昨年末に成立しています。

 

 

事件後も続いていた2人の関係

 

そんな今井議員の自宅で橋本氏の姿が目撃されたのは、9月22日だと、週刊新潮が報じています。

 

今井議員の生年月日は、1983年9月22日です。

 

9月22日は、今井議員の35歳の誕生日。

 

この日、橋本氏は、今井議員の誕生日を祝いに東京へ来ていたということです、

 

橋本氏は2連泊したのち、今井議員のBMWを運転し共にショッピングへ。

 

同行した今井議員の息子と手話でコミュニケーションをとる様子は、まるで仲睦まじい父子にみえたとのことです。

 

この今井議員が橋本氏と過ごした3日間は、9月30日に投票の沖縄知事選挙最終盤で追い込みをかけるはずの貴重な休日でもありました。

 

週刊新潮の取材に応じた今井議員

 

週刊新潮の重ねての取材依頼に応じた今井議員は、橋本氏との交際を認め、

 

「再婚についても、裁判があるので今はまだ考えられないんですけど、判決後に彼と向き合って話をしていきたいな、と考えております」

 

ただし交際のスタートは今年に入ってから、と時系列については嘘をつく。

 

昨年の時点では、関係はありません。それに、橋本先生は当時、離婚調停中で、夫婦関係は破綻していた。略奪ということには、非常に困惑しています」

続いていた「今井絵理子」の略奪愛… 選挙戦最終盤にハシケンと逢瀬、“再婚の意思”と宣言 | デイリー新潮

デイリー新潮より引用

 

f:id:gbh06101:20181003165838p:plain

参照:デイリー新潮 

 

どちらかというと橋本氏が強く再婚を望んでいるようですが、今井議員も再婚したさそうです。

 

しかし、橋本氏は自分が「犯罪者」であることを忘れてしまっているようです。

 

 

今井絵理子議員がブログで反論

 

今井議員が、10月3日に自身のブログで、橋本氏と交際していることを認め、新潮の記事には事実誤認が多く、本当のことを伝えたいと説明。

 

1.記事中にある芸能関係者と名乗る方が実在するのかについては疑問に思っています。なぜなら、芸能関係に携わっている方々とは去年から連絡も一切取っておりません。従って、私の状況を知り得る芸能関係者は存在するはずがありません。しかも、バースデーパーティなんかしていませんし、計画すらしていません。コメントの内容は全く事実と違います。

今井絵理子オフィシャルブログから引用

 

それではなぜ、9月22日に橋本氏は今井議員の家に?

 

2.「略奪」ということばが多用されますが、そのような事実はありません。不倫も不法行為もありません。これはかねてから説明している通りです。橋本さんからは、夫婦関係が破たんしており離婚調停中であると聞いてましたし、別居に至ったのも夫婦間のある出来事が原因であり、私とは全く関係のないことでした。           

今井絵理子オフィシャルブログから引用

 

橋本氏が結婚している間に付き合えば、それを「不倫」という。

「略奪」かどうかは別として「不倫」であることは確か。

 

3.橋本さんが「マスオ状態である」という書かれ方をしておりますがこれも事実とは異なります。彼は、神戸市内の歯科医院で診療をしており、東京の私の家で生活をしている事実はありません。

今井絵理子オフィシャルブログから引用

 

橋本氏は自分の食い扶持は稼げたとしても、車も家もない。

新潮の記事でも、東京の今井議員の家で暮らしているとは書いていない。

  

4.記事では、私が元奥様に対して謝罪をしていないという旨の記述がありました。

しかし、私は、報道が過熱し元奥様やお子様にご迷惑をお掛けしたことを申し訳なく思っており、代理人弁護士を通じて謝罪することを伝えましたところ、謝罪のお手紙を渡すことがいったんは決まりました。しかし、直前になって、元奥様の代理人弁護士から取りやめにしたいとの連絡があり実現しませんでした。

今井絵理子オフィシャルブログから引用

 

手紙を書くだけ??

自分を擁護するだけの手紙だと分かったから、相手は受け取らなかったのでは。

 

5.また、見出しのひとつに「沖縄知事選挙の戦犯」とありました。佐喜眞候補当選のために私なりに一所懸命応援したつもりですが、力及ばなかったことについては大変不本意であり、申し訳なく思います。私自身、何度も沖縄に入り、知人や友人、友好団体などに支援を呼びかけてきましたし、沖縄で尋ねる先がなくなったので、東京に戻り、県人会を訪ねるなどして応援してきました。そのことを記者さんに説明をしたら、当初、知事選の応援をさぼっていたのだろうと勘繰っていた記者さんは「熱心ではないという言葉には語弊がありました」と言ってくれました。その時、「説明すれば分かってくれるんだ」と安心していたのですが、今日発売された記事には「沖縄知事選」の戦犯!などと書かれてショックを受けています。

今井絵理子オフィシャルブログから引用

 

これは新潮だけでなく、安室奈美恵さんに対してあまりにも力の差がついたということで、自民党内でもそう思っていると思う。

 

f:id:gbh06101:20181003181845p:plain

参照:東スポ 

 

今井議員についてのまぎれもない事実は以下の3つです。

 

・不倫をしていた

 

・国会議員でありながら、詐欺をして起訴された元市議会議員と交際をしている

 

・当時、橋本氏の使ったお金の中に今井議員とのデート代も含まれている

 

今井議員の任期はあと4年あります。

 

支払われる税金は1億円以上。

 

私は、ここはすっぱり腹を決めて国会議員をやめ、橋本氏と再婚したほうがいいと思うのですが。