空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【アレフ脱退の女性が語る勧誘実態】お楽しみ会で「松本智津夫死刑囚」のDVD‼︎ 

f:id:gbh06101:20180120220817p:plain

要点をざっくり

  • 北海道新聞が、アレフを脱退した札幌の女性の勧誘実態の証言を記事にしています。
  • この女性はヨガ教室に誘われました。
  • 後になって、その団体がアレフであったことを知ったとのことです

半年間、居心地のよかったヨガ教室 

 アレフから脱会した道内の20代女性は「半年間、ヨガ教室に通ううちに心のすきに入り込まれてしまった」と証言しています。

「ヨガに興味ありませんか」。

女性は札幌市中央区の大通公園で男児を連れた30代くらいの女性に声をかけられたそうです。穏やかな口調に気を許し、女性は「仕事が忙しく、休みは一日中寝てしまってやる気が出ない」と打ち明けました。

後日、待ち合わせ場所の喫茶店で説明を受け、「ヨガ教室」への参加を決められたそうです。

私は、この子供を宗教の勧誘に使うことには猛烈に反対します。

子供は何も分からずに、勧誘の手伝いをして、施設では「真理かるた」「真理すごろく」とかの遊びをさせれられます。

何も分からない子供は、母親の言う通りにするしかありません。

児童虐待といっても過言ではありません。  

 

  

 

「お楽しみ会 」で初めてアレフと知った

 月1~2回のペースで半年ほど通ったころ、アンケート用紙を渡されたとのこと。

アンケートの内容は、「ヨガをやっていることが親や職場、恋人にばれたらどうしますか」「(指導者を意味する)グルが犯罪者だったらどうしますか」というものでした。 

女性は、回答した翌日、「道場でお楽しみ会がある」と男性信者に誘われ、札幌市豊平区の建物に向かいました。

 

この建物は、札幌で一番目に作られたアレフの施設で、普通の一軒家です。 

中の道場で教団元代表の松本智津夫死刑囚(教祖名・麻原彰晃)が登場するDVDを数時間にわたって見せられ、「悪い人ではない」と説明を受けたそうです。

この後、別室で「実はアレフです」と告げられ、入会を勧められたとのことです。

その建物が教団の「札幌施設」だったことは後から知ったそうで、「小学生だった頃にオウム真理教が地下鉄サリン事件を起こし、アレフに改称したことは知っていた。」とこの女性は、北海道新聞に語っています。

ただ、20代だと地下鉄サリン事件やオウム真理教について、ほとんど覚えていないでしょう。

 

忘れてはいけないオウム真理教

オウム三大事件

1989年11月4日 坂本弁護士一家殺害事件

教団と対立する弁護士とその家族を殺害した。

 

1994年6月27日 松本サリン事件  

教団松本支部立ち退きを求める訴訟を担当する判事の殺害を目的として、サリンを散布し計7人の死者と数百人の負傷者を出した。

 

1995年3月20日 地下鉄サリン事件

教団への捜査の攪乱と首都圏の混乱を目的に、5両の地下鉄車両にサリンを散布して、計12人の死者と数千人の負傷者を出した。

 

 

 

本当にひどい事件です。

我々は、オウム真理教の行為に対し、多くの被害者がいることを忘れてはなりません。

【アレフ信者が書類送検】勧誘マニュアル「導き」とは‼︎教団のパンフレットはあるのか⁉︎

f:id:gbh06101:20180120123918p:plain

要点をざっくり

  • アレフの信者の30代の男性信者が道警に、「特定商取引法違反」の容疑で札幌地検に書類送検されました。
  • 札幌では勧誘マニュアルを使用した、勧誘活動が活発化しています。
  • 先日、管理人は、白石区にある教団施設に、パンフレットをもらいに行ってみました。
続きを読む

【元五輪選手の高校教諭】受験志願者の母にキス‼︎

f:id:gbh06101:20180120081148p:plain

要点をざっくり

  • レスリングの元オリンピック選手で、秋田商業高校に勤務する46歳の男性教諭が、受験希望者の母親にキスをした上交際を迫ったとして、19日付けで懲戒免職になりました。
  • 懲戒免職になったのは、レスリングの元オリンピック選手で、秋田市立秋田商業高校に勤務する横山秀和教諭(46)です。
  • 受験予定の中学生は受験を辞退しました。
続きを読む

【札幌23歳女性殺害】信用できるニュースから真相を解析‼︎

f:id:gbh06101:20180119214602p:plain

  • 札幌市西区の木村安由光さん(当時23)殺害事件で、情報がかなり入り乱れています。
  • これほど、情報がバラバラな事件も珍しいです。
  • そこで、現在信用できそうなニュースから今回の事件について解析したいと思います。

信用できそうな情報

TBSより

関係者によりますと、木村さんは殺害される前の日に、学生時代から交際していた男性と別れ、その際、「言い寄られている人がいる」と話していました。

HTBより

おととし11月に札幌市西区で女性を殺害した疑いできのう逮捕された男(熊倉容疑者)は、事件が起きたとされる日、仕事を休み、女性と会っていたことがわかりました。
木村さんは午後5時ごろまで働きその後二人は木村さんの自宅近くにある飲食店を訪れていた。
「熊倉容疑者が働いていた病院の関係者によりますと、木村さんの遺体が見つかった翌日、熊倉容疑者は朝から病院で働いていたということです」病院の関係者によると、遺体発見の翌日、熊倉容疑者はショックを受けた様子を見せていたが朝から普段どおりに仕事をしていたという。

 

毎日新聞

木村さんは発見時、服を着ておらず、水の張った浴槽に横たわっていた。玄関は無施錠だった。

 

f:id:gbh06101:20180119214657j:plain

 

北海道新聞より

司法解剖の結果、肺に微量の水が残っていたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。浴槽内で首を絞められるなどして死亡した場合、肺に大量の水がたまることから、札幌西署捜査本部は、殺人容疑で逮捕した元同僚の男が、浴室の外で木村さんの首を絞めた後、入浴中の事故死などを装う目的で、浴槽に移動させたとみて経緯を慎重に調べている。捜査関係者によると、入浴中に首を絞められた場合、抵抗したり、意識を失って浴槽内に沈んで水を吸い込み、肺に水がたまった状態になる。木村さんの遺体は、水が張られた浴槽内で服を着ていない状態で発見されたが、肺の水は微量だった。浴室以外の室内から、首を絞められた際に検出される痕跡も確認されたという。

 産経ニュース

熊倉昭洋容疑者(43)が事件後、理学療法士として働いていた発寒中央病院(札幌市西区)を辞めていたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。熊倉容疑者は同病院で木村さんの同僚だった。

捜査関係者によると、木村さんは熊倉容疑者と親しかった事件前に男女が怒鳴り合う声を周辺住民が聞いていたことなどから、道警は2人の関係のもつれが事件の背景にあるとみている。

 

道新電子版

捜査関係者によると、死亡推定時刻の16年11月4日夜以降、木村さんのスマホから無料通信アプリLINE(ライン)のメッセージが別の同僚に送られていた。

 

道新電子版

木村さんが夕食後、数時間以内に殺害されたことが19日、捜査関係者への取材で分かった。(略)司法解剖の結果、木村さんの胃の中に、この店で提供された食べ物が一部残っていた。

 

 

 

これらのニュースから事件を解析

19日に熊倉容疑者は、札幌地検に身柄を送検されました。

その根拠は、UHBによると木村さんの部屋に残っていた多数の指紋(熊倉容疑者のものもあった)や遺留物から、捜査本部は勤務先の病院の全職員100人以上と飲食店の従業員らからも指紋を採取するなどした結果、熊倉容疑者だけアリバイが確認できなかったからとのことです。

逮捕まで、1年2ヶ月かかり、これほどニュースの情報が錯綜しているのは物的証拠が出ていないのと、熊倉容疑者が木村さんの殺害を認めていない可能性が高いと思われます。

 

私の考える事件の真相(あくまで私の推測です)

木村さんは、熊倉容疑者と会う前日に交際していた男性と別れました。

そうすると、熊倉容疑者と結婚するつもりであった可能性が高いです。(つきまとわれているという表現が気になりますが)

熊倉容疑者は事件当日、旅行に行くといって1日有給休暇をとって5時に仕事が終わった木村さんと会って食事をします。

(熊倉容疑者が丸1日休みをとったのは、奥さんには旅行に行くといって、本当は木村さんの家に泊まるための口実だったのかもしれません)

午後7時〜8時くらいにかけて食事を終え、木村さんの家に行き、「奥さんと別れて結婚して」とかの話にでもなって夜中に口論となり、熊倉容疑者は何か柔らかいひも状のもので首を絞めて木村さんを殺してしまいます。

その後、熊倉容疑者は、入浴中の事故を装うために全裸にして浴槽に木村さんをつけます。

そして、次の日も生きているかのようにみせかける為、木村さんのスマホからLINEを別の病院の同僚に送ったのではないでしょうか。

(おそらく、死んだ木村さんの指紋でロックを解除して)

そして、何食わぬ顔で同僚の奥さんと一緒に木村さんの家に安否を確認しに行き、第一発見者になった。

f:id:gbh06101:20180119215139p:plain

まるで、テレビドラマのような話ですが、真相は熊倉容疑者が犯人で事件の状況を供述すればわかると思います。

これは、あくまで今ある情報からの私の推測です(間違っていたらすいません。)

【札幌中1刺傷】殺人未遂容疑の少年を鑑定留置へ‼︎ 

f:id:gbh06101:20180119163507p:plain

要点をざっくり

  • 札幌市東区で、昨年の11月に、中学1年生の少年が20代の女性を包丁で刺した事件について北海道新聞が報じています。
  • 少年は札幌市の児童相談所に12月に送致されました。
  • その後、児童相談所で処分を決めることになっていました。
続きを読む

【小室哲哉引退】自身も「突発性難聴」であることを告白‼︎

f:id:gbh06101:20180119145541p:plain

要点をざっくり

  • 音楽プロデューサー小室哲哉(59)が19日、都内で会見を開き「僕なりの騒動のケジメとして引退を決意しました」と引退を宣言した。
  • 本人も突発性難聴となり、現在も左耳がほとんど聞こえないことを明かした。
  • ただ不倫騒動については、やんわりと否定した。

週刊文春の記事を受けて都内で記者会見

音楽プロデューサー小室哲哉(59)さんが、19日、先日の週刊文春の「不倫疑惑騒動」について記者会見を開きました。

 

 

小室さんは、会見開始予定から7分、遅れて会場に入ると軽く一礼し、正面にしつらえられた机の前で三方に頭を下げ、さらに一礼しました。

小室さん週刊文春で、くも膜下出血のため11年10月から療養中の妻KEIKO(45)を介護する傍ら、数年前に知り合った看護師女性と17年末から1月にかけて女性の自宅や都内のホテルで会い、女性を自宅にも招いたなどと報じられています。

「今回の報道により妻KEIKO、家族、ファン、スタッフの皆さんにご心配、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。言動が支離滅裂になってしまうのは申し訳ないので昨夜、文章を作り目を通しながら話させていただきます。ご了承下さい」と言い、文章を読み上げました。

 

現在の状況

小室さんはKEIKOさんが倒れて以降、脳に障害が残り「欲がなくなったり、女性から女の子になった優しい笑顔になった」ことで「夫婦ということでの、大人の女性に対してのコミュニケーション、会話のやりとりが出来なくなった」と語りました。

そして「電話であったり対峙(たいじ)するところも1時間、10分、5分、3分と間が持たなくなって、非常にかわいそうだと思いますが・・・諦めては行けないのが精神的なサポートというのが重々、承知ではありますが、ちょっと疲れ始めてしまったところは3年くらい前ですかね、あったと思います」と吐露しています。

その中、2年前に自身もC型肝炎になったと話しました。

 

今回の不倫騒動について

小室氏は「相手の看護師さんに迷惑をかけてしまった。医療関係者の1人として、もっとも信頼していた」とし、「医療行為とはいえ、密室で2人で長時間いたことで誤解を与えてしまった」と説明しました。

しかし、「女性として来てもらったことは一度もない」と発言し、不倫報道をやんわりと否定しています。

小室さん自身も何度か病に伏すこともあったといい、「2017年の夏前、突発性難聴に近い状態になりまして、今も左の耳がほぼ聞こえないです。原因不明ですが、ストレスによるものだろうと診断されました」と告白しました。

報道のお相手には、入院した際に知り合い、その後は自宅への往診や、出先での急な診察も依頼するようになったということです。
お相手を「仲の良い信頼できる看護師さん」とし「男女の関係ではない、全くありません」とさらに強調しています。

しかし「誤解を生じさせて、往々にして男女の関係を想像させる環境もあった。これを最近、皆さんで使ってらっしゃる言葉で使わせていただきますが『不徳の致すところ』という言葉以外にはありません。そこは重々承知しています、申し訳ありません」と陳謝しました。

 

引退について

小室さんは「僕なりのけじめとして引退を決意しました」と発表しました。

「自発的な音楽活動は本日をもって終了させて頂きます。35年近く、本当にありがとうございました。心から感謝します」とし、現在進行中の仕事については最低限終わらせると話しています。

「勝手な苦渋の決断ではあります。ただ今回、ご迷惑おかけして、僕なりの償いはこれが精一杯。これからどれだけ生活水準が下がったりするかは計り知れない。しかし皆さんに注目して頂けるのは、きょうが最後なのかもしれないと思います。実直に受け入れようと思います」と今回の引退の決断理由について述べました。

また、今後については「生き方、身の振り方に関してはお時間を頂きたい。そこには、KEIKOのことも含めて考えていきたい」と話しています。

 

f:id:gbh06101:20180119145724j:plain

 

今まで小室ファミリーとして数々の大ヒットを手がけ、詐欺事件も起こしています。

文春の取材にも「そろそろ引き時」と語っていたので、もしやとも思っていたのですが・・・。

天国と地獄を見すぎて、さすがに60歳を前にして疲れ果てたのでしょうか。

【YouTube規約変更】トップ・ユーチューバーしか生き残れない時代に⁉︎

f:id:gbh06101:20180118212050p:plain

要点をざっくり 

  • 米IT大手グーグルが16日、傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」の新規約を発表しました。
  • これで、これからは暴力的・差別的な動画には広告がつかないことになりました。
  • YouTubeの規約変更で、中小ユーチューバーが淘汰されそうです。
続きを読む

【不正請求疑惑の業者の言い分】ブルームに経緯を聞いた‼︎

f:id:gbh06101:20180118143720p:plain

 

 昨日、株式会社ブルームに電話して、今回の「給付金」の不正請求について聞いてみました。

社長はいたようなのですが、電話に出た方が分かる範囲でということで答えてくれました。

『ブルームとしては、連休中に課題をきちんとだし事務所が休みなので家で自習をしてもらっていた。何もしていなかったわけではない。札幌市とも話し合いをしたいたが、勝手に札幌市がメディアに発表してしまった。不正な請求はしていない』

とのことでした。

突っ込んでも、電話に出た方がかわいそうだし(こう言えと社長から言われているのでしょう)ここで何を言っても「事務員が勘違いをして」と逃げ切るのでしょうから、かなりしたたかですね。

事務手続きの誤り⇨不正請求ではない⇨正当なことをしていた

と言っていることが変遷しています。

給付金も裁判でもしない限り返す気がないのでしょう。

私も前職で保険金の不正請求を暴き、「本部長賞」ももらいましたが、弁護士を入れずにお金をきちんと返した人はいませんでした。

払っている給付金は、我々札幌市民の払っている税金です。

(かなり高いです)

不正請求であれば、札幌市で警察に告発し、民事の裁判でお金を取り戻してもらいたいと思います。

 

 

【札幌23歳女性殺害】熊倉容疑者と空白の2日間⁉︎

f:id:gbh06101:20180118135657p:plain

要点をざっくり

  • 色々な憶測が飛んだ、2016年11月に起きた木村安由光さん(当時23)殺害事件について現在までかなり詳細が判明しました。
  • 昨日逮捕された熊倉昭洋容疑者(43)のことについて、UHBがかなり詳細に取材しています。
  • その中で木村さん殺害から発見されるまでの2日間の熊倉容疑者の行動が不明です。
続きを読む

【札幌23歳女性殺人事件】第1発見者は容疑者とその妻!

f:id:gbh06101:20180118103600p:plain

要点をざっくり

  • 2016年11月、札幌市西区で23歳の女性が殺害された事件で、北海道警は1月17日、元同僚の男を逮捕しました。
  • 殺人の疑いで逮捕されたのは、札幌市北区の熊倉昭洋容疑者(43)です。
  • UHBの取材で新たな事実が判明しました。
続きを読む