空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【滋賀監禁殺害】別の男性も裸に紙おむつで1年4ヶ月押入れに監禁⁉︎

スポンサーリンク

f:id:gbh06101:20180112064354p:plain

要点をざっくり

  • 滋賀県近江八幡市や堺市の民家に男性を監禁し、衰弱死させたとして男女5人が逮捕された事件で11日、別の男性の監禁容疑で井坪政(しょう)(29)と交際相手の同市の無職、宮崎佑佳(ゆか)(24)の両被告を再逮捕しました。
  • この男性も1年4ヶ月にわたり監禁されていました。
  • 男性は裸で紙おむつを着用させられて、2階寝室の押し入れに監禁されていたということです。

 2人の再逮捕容疑

井坪政と交際相手の同市の宮崎佑佳の両被告の再逮捕容疑は、平成28年7月22日ごろから29年11月16日にかけ、飯星被告宅で同市の知人の男性(38)を監禁し、約2カ月の「廃用症候群」にさせたとされる監禁致死傷の疑いです。

滋賀県警捜査1課などによると、「廃用症候群」は長期間寝かされた状態に置かれた際などに起こる症状で、筋力低下などを引き起こすとされています。

 

これほどの重い症状になるのは、ほとんど押し入れから男性を出さなかったことを物語っています。

 

男性の監禁の様子

男性は裸で紙おむつを着用させられて、2階寝室の押し入れに監禁されていました

部屋には複数の監視カメラが設置され、見張られていたとのことです。

 

f:id:gbh06101:20180112063409j:plain

イメージ図

押し入れの上の段に裸に紙おむつで寝かされて、監視カメラで監視されていたようです。

男性は昨年11月に県警が飯星被告宅から救出しましたが、自力歩行が困難なほど衰弱しており、現在も入院中で自力歩行が困難な状態ということです。

同課によると、男性と井坪容疑者は約8年前、趣味を通じてソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の動画サイトでやりとりするなどして知り合い、5、6年前から同居を始めたということです。

この事件では、亡くなった堺市堺区の無職、渡邊彰宏さん(31)が、飯星被告宅の別の部屋で監禁されていました。

この男性は、渡邊さんへの監禁死傷事件で、警察が飯星被告の自宅を捜査した際に発見されました。

この一連の事件では、殺害された渡邊さんに糞尿を飲ませたとされる堺市のムエタイジムの経営者が、処分保留で釈放された直後に自宅で自殺しているのが見つかっています。 

www.kenkokarate.com

このジムの経営者も「自分はやっていない」という旨のメモを残しています。 

この男性が、なぜ監禁されるに至ったのかも現在不明です。

謎の多い事件です。

 

2人の監禁の共通点

 

亡くなっ渡邊彰宏さんとこの男性の監禁の共通点は、裸に紙おむつと監視カメラです。

裸で監禁されたうえ、それを監視カメラで逃げないように監視されていました。

井坪容疑者は、趣味がユーチューブだったようです。

(スパーリングの様子が動画で残っています)

監視カメラが多数使われ、その映像を他の4人と共有していたことも判明しています。

 

f:id:gbh06101:20180112063452p:plain

 

私が不思議に思うのは、井坪容疑者以外の加害者4人が全て無職ということです。

それに、年齢もバラバラです。

一体この容疑者たちは、何で繋がり、生計を立てていたのでしょう。

警察の発表が待たれます。