【ワタミ】いまやホワイト企業に‼︎離職率が8.7%になった理由

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ワタミがブラック企業から脱却

 

「ブラック企業」の代名詞といわれたワタミ。

 

ワタミが進める「働き方改革」にり、離職率は業界平均の半分以下まで低下し、いまやホワイト企業となっています。

 

ブラック企業アナリストの新田龍氏が、ワタミがホワイト企業になったとツイートして話題になりました。

 

 

「ウソみたいだろ…昔私が痛烈に批判してたワタミは、今やホワイト企業になってるんだぜ…」

とツイートしています。

 

新田氏の著書にワタミがブラック化した理由を解説した『ワタミの失敗』があり、同社の「新卒採用プロジェクトアドバイザー」を務めた経験もあるということです。

 

ツイートでは、ワタミが推し進める「働き方改革」の成果が紹介されています。

 

2015年は21.6%だった離職率が、15.8%(16年)、8.7%(17年)と年々減少しており、飲食サービス業の平均離職率30.0%(17年度雇用動向調査より)を大きく下回りました。

 

ワタミが「ブラック企業大賞」に選ばれた2013年の3年以内離職率は42.8%でした。

 

ワタミでは、離職率の高さなどから13年7月に外部有識者による「業務改革検討委員会」を設置し、委員会からは(1)長時間労働が存在(2)所定の休憩時間が取得できない(3)有給休暇を希望どおり取得できない――と指摘され、以降「働き方改革」を進めていると報じられています。

 

新設した「業務改善委員会」や「労務戦略課」を中心に、社員の労働時間の管理、相談窓口の設置、会社・上司への評価制度、営業時間の短縮などを打ち出し、職場環境の改善に取り組み、16年5月には、同社初となる労働組合も設立しました。

 

ブラック企業には労働組合がないか、あっても御用組合が多いです。

 

そうすると、改革の成果がみるみる数字に表れたということです。

 

ワタミの広報担当者は、「粛々と改革を進めている段階ですので…」として現時点ではまだ答えられないとしたそうです。

 

ブラック企業ではほとんどが「粛々と・・・」と答えて何もしていないのが現状ですが、ワタミはきちんと世間の声を受け止め改革に取り組んだようです。

 

札幌の爆発事故で、強烈なブラック企業だと判明したAPAMAN。

 

参照:ツイッター

 

いまだ社長が表に出てきませんが、ここがホワイト企業に変わる日はくるのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です