【放火・殺人未遂】「面識のない男が侵入してきて火を」函館市の女性一時意識不明から回復

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

6月3日未明、北海道函館市で住宅が全焼する火事があり、何者かが放火した疑いがあるということです。

住人は一時意識不明の重体

6月3日午前4時40分ごろ、北海道函館市時任町の2階建て住宅の内部が全焼する火事がありました。

被害にあったのは、この家に1人で住む無職の稲田静子さん(61)です。

稲田さんは、意識もうろう状態の重体で病院に搬送され、一酸化炭素中毒などで現在も集中治療室ICUで治療を受けていました。

現在は、意識を取り戻し命に別状がない状況まで回復しているといいます。

警察は現場の状況などから放火・殺人未遂事件とみて6月4日捜査本部を設置したということです。

面識のない男が侵入してきた

警察によりますと稲田さんは、「面識のない男1人が侵入してきて被害にあった」などと話しているということです。

その祭、さらに住宅の内部から火をつけられたとみられる跡が残っていたといいます。

警察は何者かが住宅に火をつけて稲田さんを殺そうとした事件として、4日午後7時、北海道警函館中央署に「現住建造物等放火・殺人未遂事件捜査本部」を設置しました。

今後捜査本部では、約100人態勢で捜査する方針です。

全焼の被害にあった住宅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です