患者を椅子に座らせて放水。神出病院の元看護助手、和田元規容疑者ら計6人を虐待の疑いで逮捕。リアクションが面白かった。

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

認知症や統合失調症がある複数の高齢患者を虐待したとして、兵庫県警は4日、神戸市西区の「神出病院」の看護師ら6人を準強制わいせつや暴力行為処罰法違反などの容疑で逮捕した。

 

無理やりキスや椅子に座らせて放水

兵庫県警によると、6人は2018年10月~19年9月、統合失調症などのある複数の入院患者に対し、暴行をくわえたり、病院の病室で当時62歳と59歳の男性患者同士の顔を近づけさせ、無理やりキスを強要したり、わいせつ行為をしたほか、入院中の当時79歳の男性を椅子に座らせて放水するなどの暴行を加えた疑いもある。さらに和田容疑者らは同月25日午後8時過ぎ、落下防止柵がついたベッドを逆さにして患者を閉じ込めたりした。看護師6人を監禁や準強制わいせつ、暴力行為法違反の疑いで逮捕したと発表した。

いずれも夜間の勤務態勢時に行われ、病棟には和田容疑者ら以外の職員はいなかったという。

逮捕されたのは、同病院の元看護助手、和田元規容疑者(27)看護師、橋本涼平容疑者(26)看護師、船引健志容疑者(33)ら計6人。

和田容疑者は昨年12月に別の強制わいせつ事件で逮捕、起訴され、病院を退職。その後の調べで、同容疑者のスマートフォンから虐待の様子を映した動画が見つかったことから事件が発覚した。

顔画像は?

これでは、よくわかりませんね。

神出病院勤務のナース口コミ 

看護師の口コミサイト『ナスコミ』に書かれた、神出病院の口コミによると。

口コミ全文

 業務をスタッフ都合で終わらせて、後は悪口や噂話を病室などでしています。患者さんだけでなく、スタッフも大声あげるし、患者さんへの暴言もある。古参のナースや特定の人達が幅をきかせており、中途採用が溶け込むのは難しいと感じました。患者さんにたいしてのタメ口は日常化。患者様を人として接しない、人権や尊厳というものがないと感じます。ケアの質も悪く、まるで必要な処置や検査を行わない。いくら精神科とはいえ、患者様に対する言葉の掛け方、接し方はひどすぎます。わざと患者様を挑発する言葉掛けや、怒鳴り声、一部上層部の身勝手な判断で異動を繰り返し命令される。こちらの意向は全く受け入れてもらえず。人間関係が馴染めば仕事はやりやすい、ただ気にいらなければ役職も関係なしに無視など平気でしてくる、とにかく古い、汚い、臭いがきつかったです。

 

神出病院のHP

HPはすでにメンテナンス中になっている。

病院理念に『やさしく生命を守る』

・神出病院は約束します。病気を治し、病人を癒すことを使命として、やさしい治療を行います。

・医師、看護師、職員などの資質、技術、人格の向上に誠意努力します。

などと書かれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です