米カリフォルニア沖に停泊中のクルーズ船『グランド・プリンセス』で新型コロナ感染21人に、日本ではお手並み拝見の声

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

米ホワイトハウスは6日、カリフォルニア州沖に停泊中のクルーズ船「グランド・プリンセス号」の乗員乗客のうち、21人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。クルーズ船は今後、商業船が使わない港に入り、乗船者全員の検査を行うということです。

クルーズ船には日本人も4人

発表によると、せきや熱の症状がみられる46人を対象に検査を行ったところ、乗員19人と乗客2人からウイルスの陽性反応が出た。クルーズ船には乗員乗客約3500人が乗船していて、日本人も4人いるが、日本人の感染の有無は、まだ分かっていない。

ペンス副大統領は6日の記者会見で「感染の拡大を止めるためにすべてのことを行う。必要と思われる人に対しては隔離措置を取る」と述べた。

米NBCニュースによると、検査のため、乗員を船内に、乗客を米軍基地にそれぞれ隔離することを検討しているという。

クルーズ船はハワイからカリフォルニア州サンフランシスコへ航行中だった。州内で死亡した感染者が、以前この船を利用し、同じ時期に乗船していた数十人が現在も船内にいることが分かったため、州保健当局が洋上に停泊させていた。

日本でおきた、ダイヤモンド・プリンセス号の集団感染は他人事?

なお、このクルーズ船は、日本の横浜港に停泊して集団感染が確認された「ダイヤモンド・プリンセス号」と同じ米国の会社が運航しているというから驚きだ。日本でおきた集団感染は他人事だとおもっていたのか、この時期に利用する客も、運航する方もリスクを考えなかったのかと疑問に思います。

トランプ大統領「1つの船のために感染者を倍増させたくない」

この集団感染を受けて、CDC(米疾病対策センター)を視察した、トランプ大統領は「私は船にそのままとどまらせたい。一つの船のために感染者の数を倍増させたくない」と、乗客らを船にとどめる考えを示しました。

しかし、周囲からは乗客らを降ろすよう提案を受けたとも明かし、最終判断はペンス副大統領が率いる対策チームに任せるとしています。 

日本の『ダイヤモンド・プリンセス号』での感染対応にアメリカで批判がでていたけど?

以前、日本の横浜港に停泊していた「ダイヤモンド・プリンセス」による集団感染の対策について、アメリカでは

「公衆衛生の危機対応として、教科書に載るような悪い例」

「人権侵害」

などの批判が相次いでいました。

そこで、今回「グランド・プリンセス」のニュースをみた日本人からは、アメリカはどういった対応をとるのか、お手並み拝見!といったコメントが相次いでいます。

筆者も日本人として、心情は同じです。

ただ、アメリカの経済が悪化すれば、日本の影響も少なくないことを考えると、ここは冷静になって支援をしたほうがいいのでしょうが、アメリカがどのような対策にでるのか今後の動きに注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です