空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【眞子さま婚約延期】小室ママの「脱法指南メール」が発覚‼︎小室さんの眞子さまとの結婚にみせる自信⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180308114942p:plain

 

要点をざっくり

  • 眞子さまと小室圭さんとの婚約延期問題について、新たに小室さんの母親が元婚約者に送ったメールについて、週刊朝日が報じています。
  • このメールの内容は、明らかに「脱法」です。
  • 小室さんもまだ結婚を諦めていないようですし、婚約、結婚が今後どうなるかますます不明になっています。

小室佳代さんからのメール 

 

小室圭さんの母親の佳代さんが、元婚約者に送ったメールが週刊朝日にとりあげられています。 

 

f:id:gbh06101:20180308061142p:plain    出典:週刊朝日 

 

もし小室圭さんが、秋篠宮眞子さまとの結婚が果たされれば、将来の天皇である悠仁さまの義理の兄となり、母の佳代さんも親戚となります。 

 

天皇陛下の義理の兄といえば、ものすごいことです。

 

しかし、そこに求められるのはやはり人としての「品位」です。

このメールを見る限り、自殺したご主人の「遺族年金」を受け取るために、この元婚約者と結婚はせずに、お金を違法?に「ヘルプ」してもらっています。

 

果たして、小室家は皇室の親戚になるにふさわしい「品位」を持ち合わせているのでしょうか。

 

なぜか、明るい小室佳代さん

 

眞子さまは、小室さんの色々なスキャンダル報道があってからかなり塞ぎ込んでいるようです。

 

 

 その一方で、なぜか明るい様子を見せるのが、この騒動のもう1人の中心人物である、小室さんの母、佳代さんです。

 

先日も、佳代さん、小室さん、そして友人とレストランで食事をする場面があったとのことです。

 

居合わせたお客さんのよると、佳代さんはご機嫌な様子で、笑い声が店内に響き渡っていたそうです。

その反対に、圭さんはおとなしい様子だったといいます。

 

まだ小室さんと連絡を取り合っている眞子さま

 

皇室ジャーナリストは


「眞子さまと小室さんは連絡を取り合っています。佳代さんとしては、婚約が破談ではなく延期となったのは、まだ結婚の可能性があると感じているのではないでしょうか。宮内庁側が2人の結婚に対してどのような意見を持っていたとしても、最終的に決めるのは眞子さまご自身ですからね」

と語っています。

 

おそらく、小室圭さんとしては、まだ眞子さまが自分と結婚したがっているという自信があるのでしょう。

 

元婚約者にはいつもお金を「HELP」

 

 しかし、佳代さん(と圭さん)の400万円以上ある借金問題は解決していません。

 

佳代さんの亡くなった夫と親しかった男性は、「母子家庭だと思われるのが嫌だ」という佳代さんの希望を受けて婚約。

お金の話題が出るようになったのは、小室さんが国際基督教大学(ICU)への入学を決めた2010年秋だそうです。

 

佳代さんは、小室さんの入学金と授業料を出してほしい、と男性に依頼。『金額¥453,000(学期毎) 口座番号は明日伺った際に』とメールがきました。

金額が大きいので振り込みをためらっていると、佳代さんは圭君の優秀さを強調しながら、生活に苦しむ様子をメールで何通も送ってきたとのことです。

 

将来は王子が責任持って私達の面倒をみてくれると宣言しているので、オオブネに乗った気持ちで人生を愉しみましょう(略)冬学期授業料どうぞ宜しくお願い致します』(2010年10月23日付メール)と、男性の将来を担保するようなメールが送られてきたこともあるとか。  

 

11月1日に男性が大学の授業料を振り込むと、その日の夕方に、佳代さんから「授業料お世話様です。明日確認させて頂きます」と絵文字付きのお礼メールが送られてきました。

 

 11年3月11日に東日本大震災が起こると、佳代さんは「原発が怖い」と圭さんを連れて九州の親戚のもとに避難。

3月16日に、佳代さんからメールで、

「申し訳ありませんが、当分の生活費をお借りしても良いでしょうか。(略)とりあえず10万円程お願いできますか」とメールが届いたとのことです。

気がつけば、振込額は200万円を超えていました。

 

深夜に彼女から電話がかかってくると、決まってお金の催促だったと、この元婚約者の男性は語っています。

『10万円ヘルプしてください』『携帯電話代を8万円お願いします』『生活が苦しい。振り込みをお願いします』と。

 

f:id:gbh06101:20180308115911j:plain

 

これは、ホステスさんが「お財布」からお金を取る手段ですね。

 

佳代さんからの脱法メール

 

元婚約者に佳代さんからきたメールです。

 

私は主人の年金を受け取っている間は内縁の関係にはなれません。内縁とは何か‥役所の人が言うには『生活の中で他人に一円でも養って貰う事』だそうです。私が今すぐに入籍すれば何の問題もありませんが、パピーが年金を取得する4年後迄待ったほうがよりベターという事になりましたよね。(略)ですので私達の事実婚はなるべくどなたにも知られたくないのです。万が一どなたかが役所に告発すると最悪の事態になりかねません。(略)人の口に戸は建てられませんから 要、注意です 会社の方にも気をつけて下さい。KAYO』

 

この内容は、違法とまではいきませんが「脱法」です。

それを自分でも認めています。

基本的にこのお母さんは、見栄っ張りですが、「法を守る」という意識に欠けているようです。

 

今明るみに出ているスキャンダルも、出るべくして出たものだと私は思います。