空手ヲタと人間は共存できる 

芸能ニュース、世の中の出来事を中心におやじ目線で面白いことを発信していきます。

【箕面・幼児虐待死】4歳の子供に片手腕立て伏せ⁉︎

スポンサードリンク

f:id:gbh06101:20180126063514p:plain

要点をざっくり

  • 大阪府箕面市の集合住宅集合住宅で筒井歩夢(あゆむ)ちゃん(4)が昨年12月、母親の麻衣容疑者(26)や交際相手ら3人から虐待を受けて死亡しました。
  • この3人はクリスマスイブの食事中に、歩夢ちゃんが食事をこぼしたことがきっかけで、暴行が始まったと話しています。
  • しかし、この暴行は日常的に繰り返されていたことが判明しています。

箕面・幼児虐待死事件とは

今回逮捕され、傷害致死罪で起訴されている3人は、母親の筒井麻衣被(26)と交際相手の松本匠吾被告(24)、知人の大倉敏弥被告(20)の3人です。

3人は昨年12月24日夕~25日未明に、食事をこぼしたことがきっかけで筒井歩夢ちゃん(4)への暴行が始まったと供述しています。

 

f:id:gbh06101:20180126060715p:plain

出典:フェイスブック

クリスマスイブの食事中に幼い子の行動に腹を立てて暴行が始まり、数時間にわたって続いたということです。

3人は「日頃から暴行していた」「しつけのつもりだった」と供述しており、司法解剖の結果、死因は外傷性の腹内出血で、歩夢ちゃんの全身には約50カ所のあざがあったということです。

大阪地検では「殺意」の立証が困難なため「傷害致死罪」で起訴しています。

傷害致死罪なら、有罪になっても刑期はかなり短いでしょう。 

 

日常的に続いた虐待

容疑者3人は昨年の12月24日に歩夢ちゃんと弟(2)を連れて外出。

スーパーでオードブルを購入し、歩夢ちゃんの祖父からもらったクリスマスケーキを持って帰宅しました。

同日夕、5人で食卓を囲んでいた際に「食事をこぼした」として暴行が始まり、何度か間を置いて断続的に暴行。

3人は「いったん寝て起きたら(歩夢ちゃんが)息をしていなかった」と話しています。

松本容疑者は、地元の後輩の大倉敏弥容疑者とともに、仕事を辞めて11月から筒井容疑者宅で暮らすようになったということです。

この二人がこの集合住宅に転居してきてから、府警は日常的な虐待が始まったとみています。

 

母親はネグレクト

逮捕された際に3人は、「以前から、しつけのため殴っていた」「言うことを聞かないとき、教育のために暴力を振るった」などと日常的な暴行を認めています。

ただ、今回の事件については筒井容疑者が「私はやっておらず、他の2人がやった」と供述する一方、松本容疑者らは「3人で殴った」などと食い違う説明をしています。

同居が始まる以前は、保育所の職員が歩夢ちゃんと弟が風呂に入らず、あまり服も着替えていないことに気づいたといいます。

 府警は、筒井容疑者は二人と同居する以前はネグレクト(育児放棄)でしたが、同居後3人による暴行にエスカレートしていったとみています。

フェイスブックのアカウントを複数作り、その中ではいい母親を演じていました。

しかし、フェイスブックの写真と実際の写真との違いにはみんな驚いています。

 

4歳の子供に片手腕立て伏せ

事件前日にも、歩夢ちゃんが一晩中立たされたり片腕の腕立て伏せを強制されたりする虐待を受けていた疑いがあることが、今回捜査関係者への取材でわかりました。

4歳で、片腕の腕立て伏せができるわけがありません。

松本、大倉両被告と母子の同居が始まった昨年11月以降、同様の暴行が連日繰り返されていたとみられ、松本被告らは「(麻衣被告から)ちゃんとしつけてくれと頼まれた」などと説明し、麻衣被告はそれを否定しているということです。

4歳の子供に片手腕立て伏せ、倒れると殴る蹴るの暴行、最後にはしつけをしてくれと頼まれたと罪をなすりつけ合う・・ひどい大人たちですね。

この容疑者の男二人にとっては、歩夢ちゃんは、仕事がなく家にいる間のストレス解消と暇つぶしの「おもちゃ」だったのかもしれません。