「写真をばらまくと脅迫」電車内で身体触りカラオケ店で性的暴行!長岡洋輔容疑者のひれつな犯行

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

カラオケ店におし入り、20代の女性に性的暴行を加えたとして34歳の男が逮捕されました。

卑劣な性的暴行までの経緯

電車内で痴漢

準強制わいせつや監禁、強制性交等の容疑で逮捕されたのは、坂戸市千代田3丁目、会社員・長岡洋輔容疑者(34)です。

長岡容疑者は、昨年10月10日午後11時半すぎ、東武東上線の下り電車内で寝ていた、20代の女性の上半身を触り痴漢をしました。

この時、長岡洋輔容疑者は被害女性の写真もとったと思われます。

被害者の女性はよほど疲れていたのか、寝過ごしてそのまま降車駅を通過してしまいます。

寝過ごして入ったカラオケ店で暴行

寝過ごして帰りの電車がなくなってしまった被害者女性は、11日午前2時すぎ、仮眠をとるために坂戸市のカラオケ店に入ったということです。

電車から被害女性の後をつけてきた長岡容疑者は、カラオケ店におしいり性的暴行をくわえました。

写真をばらまくと脅迫

長岡容疑者は、坂戸駅で下車した女性の後を付け、女性が仮眠を取るために入ったカラオケ店で「電車で撮影した写真をばらまくぞ」などと脅して犯行に及んだということです。

ムラムラした

警察によりますと、長岡容疑者は「女性を見てムラムラしてやった」と容疑を認めているということです。

長岡洋輔容疑者の顔画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です